FitGap

OCRソフトの市場調査とシェアTOP3製品を解説!

調査概要

調査対象市場

文字をスキャナーやカメラで読み取り、コンピュータで利用できる文字コードに変換する機能を備えており、中でも法人向けの商品として提供されているソフトウェア(OCRソフト)を対象としています。

調査方法

Webアンケート調査

調査期間

2023/11/8 から 2023/11/18 までの11日間

有効回答数

727件

本調査の利用について

引用いただく際は、情報の出典元として「株式会社PIGNUS」を明記してください。また、ウェブサイトで引用する場合、出典元に以下のURLをリンクに設置してください。

URL:https://fitgap.com/jp

サマリー

全企業規模を対象とした調査では、Adobeシリーズ、PDF Reader、JUST PDFシリーズがシェアTOP3

スマートOCRとAIよみとーるは、中小企業、中堅企業に適している

クラウド OCRは大企業に適していて、中堅企業に適していない

OCRソフトの選定と市場シェア

自社に合ったOCRソフトを選ぶ上で市場シェアを考慮することは重要です。なぜなら、多くの人に利用される製品は、ユーザーコミュニティの充実度、UI、アップデート頻度、機能などが優れている傾向にあります。また、製品ごとに企業規模ごとのシェアの内訳を比較することで、自社の企業に適した製品を選ぶことができます。

OCRソフト市場のシェア調査の結果

OCRソフトの全ての製品の企業規模ごとの市場調査は、1人から99人の中小企業、100人から999人の中堅企業、1000人以上の大企業を対象としました。

有効回答の計732の回答を集計した結果、スマートOCRが9.02%でした。次いでAIよみとーるが9.02%で、クラウド OCRが7.38%でした。

1

中小企業のOCRソフト市場シェア調査の結果

有効回答の計129の回答を集計した結果、スマートOCRが10.85%でした。次いでAIよみとーるが10.85%で、クラウド OCRが7.75%でした。

2

中堅企業のOCRソフト市場シェア調査の結果

有効回答の計263の回答を集計した結果、スマートOCRが9.89%でした。次いでAIよみとーるが9.51%で、AnyForm OCRが5.7%でした。

3

大企業のOCRソフト市場シェア調査の結果

有効回答の計340の回答を集計した結果、クラウド OCRが8.82%でした。次いでAIよみとーるが7.94%で、スマートOCRが7.65%でした。

市場シェアTOP3製品が向いている規模は?

OCRソフトの全製品とシェアTOP3の企業規模の内訳

OCRソフトの企業規模ごとの有効回答の内訳は以下のグラフのようになりました。中小企業が17.62%、中堅企業は35.93%、大企業は46.45%でした。

スマートOCRは中小企業、中堅企業に適している

OCRソフト全体の企業規模の内訳とスマートOCRの企業規模の内訳を比較すると、以下のグラフの通り、OCRソフト全体の企業規模の内訳と似ていますが、わずかに大企業の割合が低い結果でした。スマートOCRは、中小企業から中堅企業に適した製品であることが示唆されました。

AIよみとーるは中小企業、中堅企業に適している

OCRソフト全体の企業規模の内訳とAIよみとーるの企業規模の内訳を比較すると、以下のグラフの通り、スマートOCRと同様の結果でした。AIよみとーるは、中小企業から中堅企業に適した製品であることが示唆されました。

クラウド OCRは大企業に適していて、中堅企業に適していない

OCRソフト全体の企業規模の内訳とクラウド OCRの企業規模の内訳を比較すると、以下のグラフの通り、大企業の割合が高く、中堅企業の割合が低い結果でした。クラウド OCRは大企業に特に適していて、中堅企業には適していない製品であることが示唆されました。

市場シェアと合わせて自社にあったOCRソフトを探そう!

OCRソフト診断でかんたんな質問に答えると、対象の企業規模以外にも、自社に必要な機能、金額、その製品の強み、弱みを一覧で比較表を作成し、自社にぴったりのOCRソフトがわかります。

able

かんたんな質問に答えてぴったりのOCRソフトをチェック

OCRソフトに関連するカテゴリ

OCRソフトに関連するページ

  • 有料のOCRソフト

  • 無料のOCRソフト

  • Mac、iOSで使えるおすすめのOCRソフト

FitGap
運営会社

© PIGNUS Inc. All Rights Reserved.

かんたんな質問に答えてぴったりのOCRソフトをチェック