FitGap
スマートOCR

スマートOCR

公式サイト

無料トライアル

OCRソフト

強み

文字認識機能が優れている

帳票の登録後は全て自動処理

複数部署の共同利用が可能

注意点

初期設定の責任が大きい

自由に書かれた文章の読み取りに向かない

pros

強み

文字認識機能が優れている

他社サービスと比較して文字認識に力を入れているOCRソフトです。文字のまとまりを把握する「AI 文字列エリア認識エンジン」や、透かし文字やはなれ文字を認識する「AI 文字認識エンジン」、傾いた画像を補正する「AI 歪み補正エンジン」の3つの文字認識エンジンを組み合わせることによって高精度な文字認識を行うことができます。一般的なOCRソフトで読み取りにくい複雑な配置の文字列でも認識することができます。

帳票の登録後は全て自動処理

設定を行うことで、帳票の振り分けやテンプレートの認識、データの格納が全て自動で行われます。推論モデル「AI-DR」に事前に分類を学習させることによって、まとめて読み取らせた帳票も自動で分類ごとに分けられます。また、請求書や領収書などの帳票ごとにテンプレートを用意することによって、異なるフォーマットの帳票が来た場合も正しく処理されます。会社名などのマスターデータを登録することで、読み取られた帳票が自動でマスターデータに紐づけられます。このように、事前に設定を行うことで帳票などの読み取りや分類、紐づけを自動で処理できます。

複数部署の共同利用が可能

グループ管理機能や、IPアドレス制限機能があるため、部署ごとの情報管理や個人単位でのアクセス制限が可能です。グループ管理機能があるため、OCRデータが他部署に漏れません。また、IPアドレス制限をかけられるため、部外者のアクセスやセキュリティの保証ができないPCからのアクセスを制限することができます。これによって顧客の機密情報を保護し、情報漏洩のリスクを下げることが可能です。

cons

注意点

初期設定の責任が大きい

初めに作成した帳票のテンプレートや、帳票の学習データが基本情報として使われ続けるため、初期設定に失敗すると以降のOCR処理が全てうまくいきません。OCRソフトの設定経験のある方が初期設定を行うべきです。インフォディオ社は初期設定代行サービスも提供しています。

自由に書かれた文章の読み取りに向かない

読み取り箇所の指定や、テンプレートの作成によって高精度の読み取りを実現しているサービスのため、フリーフォーマットで書かれた文章の読み取りには向きません。フリーフォーマットで書かれた文章の全文字の読み取りなどを行いたい場合は別システムを活用した方が効率的です。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

OCRソフト

9.02%

50サービス中

1

利用者の業種

  • IT、インターネット 19%
  • 製造 15%
  • 卸売、小売 9%
  • 官公庁 7%
  • その他の業種 7%

利用者の事業規模

  • 大規模 40%
  • 中規模 39%
  • 小規模 21%

連携

API(Application Programming Interface)提供あり

異なるソフトウェアが互いに通信し、情報を交換するための規則や手順のセットが公開されています。APIを使用するには利用するソフトウェアがお互いにAPIが公開されていること、簡易なシステム開発または間を取り持つソフトウェアの導入が必要になります。

サービス基本情報

リリース : 2018

https://www.smartocr.jp/公式
https://www.smartocr.jp/

運営会社基本情報

会社 : 株式会社 インフォディオ

本社所在地 : 東京都文京区

会社設立 : 2002

ウェブサイト : https://www.infordio.co.jp/index.html

株式会社 インフォディオ運営サービス一覧

編集

profile

遠藤慎

SaaSアナリスト

SaaSアナリスト。筑波大学大学院卒業後、株式会社PIGNUSに入社。FitGapでは製品の強み注意点などのレポートを担当。

FitGap
運営会社

© PIGNUS Inc. All Rights Reserved.

かんたんな質問に答えるだけで、自社向けのシステム要件を整理し、ぴったりのサービスをチェックすることができます。

目次

強み

注意点

カテゴリ別市場シェアランキング

連携

サービス基本情報

運営サービス一覧

かんたんな質問に答えるだけで、自社向けのシステム要件を整理し、ぴったりのサービスをチェックすることができます。