FitGap
OBPM Neo

OBPM Neo

公式サイト

無料トライアル

タスク管理・プロジェクト管理

OBPM Neoの強み概要
強み

プロジェクト管理に関わる業務を網羅

国際的なプロジェクト管理体系(PMBOK)に準拠

基幹システムとの連携

OBPM Neoの注意点概要
注意点

オーバースペック

プロジェクト管理への強い意志が必要

IT・システム開発業向き

OBPM Neoとは

株式会社システムインテグレータが提供するプロジェクト管理ツールで、システム開発業に特化して設計されています。国際的なプロジェクト管理体系であるPMBOKに、日本で唯一準拠しており、プロジェクト管理に関わる業務を一元管理できます。また、基幹システムとのデータ連携も可能です。

pros

強み

プロジェクト管理に関わる業務を網羅

プロジェクトの進捗管理だけでなく、品質管理、原価管理、要員管理など、周辺機能も備えているため、プロジェクトに関わる業務を一元管理できます。周辺機能も本格的に利用できる仕様となっており、例えば原価管理では実際原価と個別原価の両方に対応しています。プロジェクトデータの一元化によりメンバーから経営層まで役割に応じた情報を確認できます。

国際的なプロジェクト管理体系(PMBOK)に準拠

PMBOKとは、プロジェクトを成功させるための計画、実行、管理の方法をまとめた国際的なガイドラインです。OBPM Neoは、PMBOKの知識エリアをカバーしているため、プロジェクト管理の合理化・効率化を実現します。これにより、誰でもプロジェクトマネジメントの基本に沿った管理体系を築くことができます。

基幹システムとの連携

API連携やCSVファイルの自動取り込みが可能です。これにより、会計システムや販売管理システムなどの基幹システムと連携し、プロジェクトの一連の流れを効率的に管理できます。特に、複数のシステムを使用している企業にとって、OBPM Neoの柔軟な連携機能は大きな強みとなります​。

cons

注意点

オーバースペック

OBPM Neoは多機能なツールであり、小規模プロジェクトの管理にはオーバースペックとなることがあります。複数の開発チームを抱える中堅、大企業向けに設計されており、標準で多くの機能が実装されています。そのため、すべての機能を活用しない場合、コストパフォーマンスが低くなる可能性があります。

プロジェクト管理への強い意志が必要

PMBOK準拠の本格的プロジェクト管理ツールであり、気軽に導入するようなツールではありません。小規模プロジェクトや計画段階では、複雑な初期設定や操作が負担になりかねません。きめ細かい管理が求められるため、「プロジェクト管理を徹底する」という強い意志がなければ効果的な活用は難しいでしょう。導入前に、自社のプロジェクト規模や管理ニーズとの適合性を慎重に評価することが重要です。

IT・システム開発業向き

OBPM Neoは、SIerなどシステム開発業に特化して設計されたツールです。アサイン管理、障害管理、委託先管理など、システム開発に特有の業務に対応しています。しかし、IT・システム開発以外の業界では、これらの機能が必ずしも必要とされず、使い勝手が悪く感じることがあります。例えば、製造業などでは、求められる管理機能が異なるため、OBPM Neoの機能が過剰であったり、不適切であったりする場合があります。

サービス基本情報

リリース : 2021

https://products.sint.co.jp/obpm?utm_source=&utm_medium=&utm_campaign=fitgap公式
https://products.sint.co.jp/obpm?utm_source=&utm_medium=&utm_campaign=fitgap

運営会社基本情報

会社 : 株式会社システムインテグレータ

本社所在地 : 埼玉県さいたま市

会社設立 : 1995

セキュリティ認証 : プライバシーマーク

ウェブサイト : https://corporate.sint.co.jp/

株式会社システムインテグレータ運営サービス一覧

編集

profile

岡田華弥

SaaSアナリスト

SaaSアナリストリーダ。FitGapではバックオフィスをメインに40カテゴリの診断を担当。

FitGap
運営会社

© PIGNUS Inc. All Rights Reserved.

かんたんな質問に答えるだけで、自社向けのシステム要件を整理し、ぴったりのサービスをチェックすることができます。

目次

OBPM Neoとは

強み

注意点

サービス基本情報

運営サービス一覧

かんたんな質問に答えるだけで、自社向けのシステム要件を整理し、ぴったりのサービスをチェックすることができます。