FitGap
AnyForm OCR

AnyForm OCR

公式サイト

無料トライアル

OCRソフト

強み

高い文字認識精度

機能の包括性

読み取り項目に応じてOCRエンジンが選択可能

注意点

オーバースペック

訂正箇所の読み飛ばし機能

MacOS非対応

AnyForm OCRとは

AnyForm OCRは、株式会社ハンモックが提供するOCRソフトです。この製品は、定型・非定型の書類、帳票自動振り分け、手書き文字の認識などの機能を備え、ドキュメントのデジタル化と効率化をサポートします。株式会社ハンモックは、AnyForm OCRの他にも、名刺管理ソフトの「ホットプロファイル」、IT資産管理ツールの「AssetView」、MAツールの「ホットアプローチ」などを提供しており、企業の様々な業務をサポートする製品群を展開しています。

pros

強み

高い文字認識精度

AnyForm OCRは2つの異なるOCRエンジンを使用してOCRを行うことで活字の日本語、英数字の読み取りを行う場合99.97%の信頼性で文字を読み取ることができます。また、異なるOCRエンジンで別々の結果になった場合、その部分だけ目視での確認を行うことでより正確に文字認識をすることが可能になります。

機能の包括性

AnyForm OCRは、定型・非定型の書類、マーク読み取り、QRコードやバーコードの読み取り、帳票の自動振り分けといった多くの機能を基本パッケージで提供しています。この製品1つで基本的な文書の読み取り業務はほとんどカバーすることができます。

読み取り項目に応じてOCRエンジンが選択可能

文字認識を行う際に項目に応じて使用するOCRエンジンの選択が可能です。選択可能なOCRエンジンは活字用や手書き用、バーコード用、マーク用など複数あり、項目ごとに割り当てることでより文字認識精度が向上します。

cons

注意点

オーバースペック

AnyForm OCRは文書のOCRに関する機能を包括的に揃えている製品です。簡易なOCRシステムをしたい人にとってはこの製品は多機能すぎて利用しにくい可能性があります。また、製品の値段も他のOCR製品と比較しても高めです。

訂正箇所の読み飛ばし機能

本製品はOCRに必要な機能を包括的に備えていますが、手書き文字の読み取りにおいて訂正された部分の読み飛ばし機能については明記されていません。契約書の読み取りを主に考えている場合は確認する必要があります。

MacOS非対応

AnyForm OCRの稼働環境はWindowsOSのみのためMacOSなどの他のOSでは動かすことができません。加えてWindowsOSもProfessional版かEnterprise版が必要です。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

OCRソフト

5.87%

50サービス中

4

利用者の業種

  • 製造 27%
  • IT、インターネット 11%
  • 士業、コンサルティング 9%
  • 金融、保険 9%
  • 生活関連サービス、娯楽 6%

利用者の事業規模

  • 大規模 43%
  • 中規模 34%
  • 小規模 23%

連携

API(Application Programming Interface)提供あり

異なるソフトウェアが互いに通信し、情報を交換するための規則や手順のセットが公開されています。APIを使用するには利用するソフトウェアがお互いにAPIが公開されていること、簡易なシステム開発または間を取り持つソフトウェアの導入が必要になります。

サービス基本情報

リリース : 2015

https://www.hammock.jp/anyform/公式
https://www.hammock.jp/anyform/

運営会社基本情報

会社 : 株式会社ハンモック

本社所在地 : 東京都新宿区

会社設立 : 1994

セキュリティ認証 : ISO/IEC 27001、プライバシーマーク

ウェブサイト : https://www.hammock.jp/

株式会社ハンモック運営サービス一覧

編集

profile

遠藤慎

SaaSアナリスト

SaaSアナリスト。筑波大学大学院卒業後、株式会社PIGNUSに入社。FitGapでは製品の強み注意点などのレポートを担当。

FitGap
運営会社

© PIGNUS Inc. All Rights Reserved.

かんたんな質問に答えるだけで、自社向けのシステム要件を整理し、ぴったりのサービスをチェックすることができます。

目次

AnyForm OCRとは

強み

注意点

カテゴリ別市場シェアランキング