FitGap
CLOVA OCR Reader

CLOVA OCR Reader

公式サイト

OCRソフト

強み

豊富なOCR機能と実績

API連携オプション

ワークスモバイルジャパンへの事業売却

注意点

利用中のサポート

文字以外の画像処理機能不足

新しいサービス

CLOVA OCR Readerとは

CLOVA OCR Readerは、ワークスモバイルジャパン株式会社が提供するOCRソフトです。このソフトはクラウドベースで、帳票の自動振り分け、手書き文字の認識、多言語、専門用語の認識機能などを備えています。これらの機能により、文書のデジタル化とデータ処理の効率化を支援します。ワークスモバイルジャパン株式会社は、韓国のNAVER Cloudを親会社に持つ日本法人で、CLOVA OCR Readerの他にもビジネスチャットのLINE WORKSなどの製品を国内で展開しています。

pros

強み

豊富なOCR機能と実績

CLOVA OCR Readerは、多岐にわたる読み取り機能を持つOCRソフトです。定型の書類や非定型の書類、マーク読み取り、手書き文字など、様々な文書タイプに対応しています。また、2019年に行われた国際会議ICDARでテキスト検出・文字認識、悪条件下での読み取りなどの4分野で世界NO.1を取得しています。加えて国立国会図書館が保有するデジタル化資料計247万点の全文テキストデータ化に採用されるなど、利用実績もあります。

API連携オプション

オプションのCLOVA OCR APIを利用すると、読み取った文書や画像の文字情報を自社システムや他社ソフトウェアに自動で直接伝えることができます。他の主要なOCR製品の中でAPIを活用し自動でOCRの結果を伝えることができる製品は少ないため、魅力的な製品といえます。

ワークスモバイルジャパンへの事業売却

2023年4月1日付けでCLOVA OCR ReaderはLINEからLINEWORKSを提供するワークスモバイルジャパンに事業を売却されました。今後ワークモバイルジャパンが提供するLINEWORKSと連動させた機能の発展が見込まれます。

cons

注意点

利用中のサポート

導入時は製品の導入までスタッフの手厚いサポートがありますが、利用中のサポートはメールフォームからのサポートのみです。緊急時に迅速な対応が期待できない可能性があります。

文字以外の画像処理機能不足

文字は非常に高い精度での読み取りが可能ですが、バーコード、QRコードの読み取りや印影の除去機能、二重線で取り消された文字の読み飛ばし機能などの高度な処理機能は有りません。製品によって対応可能な範囲は異なるので自社の要件を確定させてから選定をするべきです。

新しいサービス

2021年から提供が開始されたサービスのため、口コミや活用事例などの記事やユーザーの情報発信の量が少ないです。導入時に運営会社以外から得ることのできる情報が少ないため、自社が求める要件を製品の機能が満たしているか注意深く確認する必要があります。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

OCRソフト

0.68%

50サービス中

32

利用者の業種

  • 医療、福祉 40%
  • IT、インターネット 20%
  • 教育、学習支援 20%
  • 官公庁 20%
  • 生活関連サービス、娯楽 0%

利用者の事業規模

  • 小規模 40%
  • 大規模 40%
  • 中規模 20%

製品基本情報

リリース : 2021

https://clova.line.me/clova-ocr/api/公式
https://clova.line.me/clova-ocr/api/

運営会社基本情報

会社 : ワークスモバイルジャパン株式会社

本社所在地 : 東京都渋谷区

会社設立 : 2015

セキュリティ認証 : ISO/IEC 27001、ISO/IEC 27017、ISO/IEC 27018、SOC 2、SOC 3

ウェブサイト : https://line.worksmobile.com/jp/aboutus/

ワークスモバイルジャパン株式会社運営製品一覧

編集

profile

遠藤慎

SaaSアナリスト

SaaSアナリスト。筑波大学大学院卒業後、株式会社PIGNUSに入社。FitGapでは製品の強み注意点などのレポートを担当。

FitGap

© PIGNUS Inc. All Rights Reserved.

かんたんな質問に答えるだけで、自社向けのシステム要件を整理し、ぴったりのサービスをチェックすることができます。