FitGap
クラウドサイン NOW

クラウドサイン NOW

公式サイト

無料トライアル

電子契約システム

強み

対面契約を行う法人向け

導入サポート

顧客分析が可能

注意点

Salesforce、kintoneの利用が前提

対応言語数は少なめ

クラウドサイン NOWとは

弁護士ドットコム株式会社が提供する電子契約システムです。タブレットを使用して対面の契約を電子化することで、業務効率化を図ります。顧客がタブレットに契約内容を入力すると、そのデータが顧客管理システムに自動で連携され、転記の手間を省くことが可能です。また、顧客体験も向上し、データの活用による売上アップも期待できます。同社は、この他にもクラウドサイン Sales Automationやクラウドサイン SCANなどを提供しています。

pros

強み

対面契約を行う法人向け

顧客が紙にデータを入力する必要が無いのでユーザー体験が向上します、一度紙にデータを入れると免許証などと自動で紐づけられるので管理側の負担も軽くできます。

導入サポート

クラウドサインNOWの導入に際しては、運営会社の弁護士ドットコムが専任スタッフによる導入サポートを提供します。帳票の作成や顧客管理システムの設定など専門的な知識が不要で、スムーズにサービスを導入できるため、導入のハードルが低いです。

顧客分析が可能

登録された情報を活用して顧客の来店履歴や売上管理、申し込み者の属性分析など詳細なデータ分析が可能です。これにより、店舗の運営分析やマーケティング施策の策定が容易になります。

cons

注意点

Salesforce、kintoneの利用が前提

クラウドサインNOWは、Salesforceやkintoneといった外部サービスの利用を前提としています。これらのサービスを既に利用していない企業は、クラウドサインNOWを利用するために、これらのサービスを導入する必要があります。

対応言語数は少なめ

対応している言語は日本語、英語、中国語です。世界的に利用されているドキュサインと比較すると海外での知名度が低く、国内サービスのGMOサインと比較しても対応言語数が少ないため海外展開には向いていない可能性があります。

連携

統合パートナー

提供ベンダー間ですでに連携されており、ユーザーは簡易な設定のみで連携して使用することが可能です。