FitGap
X-point Cloud

X-point Cloud

公式サイト

無料トライアル

ワークフローシステム

X-point Cloudの強み概要
強み

運営会社が企業規模別に製品を提供

自由に申請書のデザインが可能

他社と開発せずシステム連携が可能

X-point Cloudの注意点概要
注意点

中堅企業以上

オーバースペックな可能性

非日本語話者の利用には不向き

X-point Cloudとは

X-point Cloudは、株式会社エイトレッドが提供するワークフローシステムです。2011年にリリースされたこのクラウドベースのシステムは、モバイル認証や日本の社内プロセスに沿った複雑な承認フローの設定、ノーコードでのフォーム作成機能などの機能を持っています。株式会社エイトレッドは、中小企業向けのワークフローシステムのX-point Cloudの他に大規模組織向けの「AgileWorks」などを提供しており、ユーザーに対して柔軟な業務プロセスの管理と運用を支援しています。

pros

強み

運営会社が企業規模別に製品を提供

運営会社はワークフローシステム専業で、「X-point cloud」、「X-point」、「Agile works」の3製品のワークフローシステムを保有しています。この3製品を通じて、あらゆる企業規模、あらゆる提供形態に対応しています。なお、本製品は中小企業向けの製品です。

自由に申請書のデザインが可能

「紙の稟議申請書の見た目」を再現することができます。稟議申請書のフォーマットが固定されておらず、利用者が自由にデザインすることができます。また、承認の証を電子的な印影として可視化することができます。「取引先から印影入りの書類を求められる」など、社内外のポリシー上、見た目が重要な場合に効果を発揮します。

他社と開発せずシステム連携が可能

競合に比べても、多くの他社グループウェア製品と開発なしでシステム連携することができます。システム連携のためにソフトウェアエンジニアを雇う必要がありません。

cons

注意点

中堅企業以上

100人程度の組織を対象とした製品です。競合または運営会社の別製品と比較して、中堅企業以上が求めるような機能が不足しています。具体的には、複雑な権限設定、組織の履歴管理、テスト環境などです。

オーバースペックな可能性

「紙の稟議申請書の見た目」を再現できるのが大きな特徴ですが、電子上でそれをすべきかは検討の余地があります。社内外のポリシー上、紙を模すべきケースはありますが、そうでなければ電子に最適化されたシンプルな製品で、十分かもしれません。

非日本語話者の利用には不向き

対応言語は日本語のみで、非日本語話者が一定数いる場合には不向きです。また、日本で好まれる情報量が多いUIのため、海外だと情報過多で戸惑う可能性があります。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

X-point Cloudワークフローシステムマーケットシェア

7.29%

147サービス中

2

X-point Cloud利用者の業種内訳

  • 製造 28%
  • 情報通信 15%
  • その他の業種 15%
  • 卸売、小売 13%
  • 建設、不動産 9%

X-point Cloud利用者の事業規模の内訳

  • 中規模 54%
  • 大規模 33%
  • 小規模 13%

連携

統合パートナー

提供ベンダー間ですでに連携されており、ユーザーは簡易な設定のみで連携して使用することが可能です。

Chatwork
Slack
Microsoft Teams
Garoon
Google Workspace
Microsoft SharePoint Online
desknet's NEO
kintone
Azure Active Directory
Extic
GMOトラスト・ログイン
Traveler'sWAN
カオナビ
invoiceAgent 文書管理
DocuWorks
電子印鑑GMOサイン
クラウドサイン
InfiniOne ERP
クラウドサイン NOW
WorkVision公益法人会計システム
invoiceAgent 電子取引
invoiceAgent 電子契約
invoiceAgent AI OCR
InfiniOne Sales
WorkVision販売管理(電子部品卸売業向け)
WorkVision販売管理(機械器具卸売業向け)
WorkVision販売管理
サイボウズ Office

API(Application Programming Interface)提供あり

異なるソフトウェアが互いに通信し、情報を交換するための規則や手順のセットが公開されています。APIを使用するには利用するソフトウェアがお互いにAPIが公開されていること、簡易なシステム開発または間を取り持つソフトウェアの導入が必要になります。

サービス基本情報

リリース : 2011

https://www.atled.jp/xpoint_cloud/feature/公式
https://www.atled.jp/xpoint_cloud/feature/

運営会社基本情報

会社 : 株式会社エイトレッド

本社所在地 : 東京都渋谷区

会社設立 : 2007

ウェブサイト : https://www.atled.jp/

株式会社エイトレッド運営サービス一覧