FitGap
Slack

Slack

公式サイト

無料プラン

無料トライアル

ビジネスチャット

Slackの強み概要
強み

複数組織で利用可能

世界的に有名なサービス

システム連携

Slackの注意点概要
注意点

メールなどとは運用思想が異なる

リテラシー

管理統制

Slackとは

Slackは、SalesForceが提供するビジネスチャットです。このソフトは、社内外とのコミュニケーション、少数での通話機能、ファイル共有機能などコミュニケーションと協働を効率化する多様な機能を提供しています。株式会社セールスフォース・ジャパンは、Slackの他には、「Salesforce Sales Cloud」を中心とした営業支援ツール(SFA・CRM)の提供を行っています。また、SalesForceプラットフォームでSalesforce Salesとの結びつきの強い製品が他社から販売されています。

pros

強み

複数組織で利用可能

複数の組織に所属することを前提に作られており、組織ごとにアカウントを切り替えられる。組織内部では、基本的に情報はオープンであり、知りたい情報を自主的に取りに行ける。チャット単体製品というより、ビジネスのコラボレーションハブのような存在

世界的に有名なサービス

全世界的にチャットの代表的「会社」と認知されている。国内でのシェアは2位。ユーザーのニーズを反映した新機能を次々と実装している。

システム連携

開発不要で様々なカテゴリの製品と連携可能。自社に必要なサービスを取捨選択できる。

cons

注意点

メールなどとは運用思想が異なる

仕様もUIもメールとは一線を画す。基本的に情報はオープンであるため、タテ社会文化が強く、情報統制が厳格な昔ながらの企業には不向き。

リテラシー

仕様もUIもメールとは一線を画す。基本的に情報はオープンであるため、タテ社会文化が強く、情報統制が厳格な昔ながらの企業には不向き。

管理統制

組織内部では、基本的に情報はオープンであるため、内部からの情報漏洩等に留意する必要がある。非正規社員がメインの場合など、メンバーの入れ替わりが激しい場合は注意が必要。ユーザーの行動リテラシーが担保されてない場合は不向き。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

Slackビジネスチャットマーケットシェア

9.82%

88サービス中

2

Slack利用者の業種内訳

  • 情報通信 32%
  • その他の業種 20%
  • 製造 18%
  • 卸売、小売 8%
  • 建設、不動産 4%

Slack利用者の事業規模の内訳

  • 小規模 37%
  • 大規模 33%
  • 中規模 30%

SlackWeb会議システムマーケットシェア

0.02%

90サービス中

31

連携

統合パートナー

提供ベンダー間ですでに連携されており、ユーザーは簡易な設定のみで連携して使用することが可能です。

ジョブカン経費精算
AKASHI
チームスピリット
Styleflow
ジョブカンワークフロー
kickflowワークフローシステム
X-point Cloud
Amplitude
KARTE
MotionBoard オンプレミス版
MotionBoard クラウド版
Zoho Survey
Zoom Rooms
Zoom Meetings
Microsoft Teams
MailChimp
monday.com
Brushup
Geppo
Jicoo
Amazon Chime
パルケミート
Qast
カオナビ
welog
Webex アプリ
Happeo
GitHub
ドキュサイン
クロジカ スケジュール管理
Zoho Assist
Refcome
Cisco Jabber
Zoho Recruit