FitGap
Google Workspace

Google Workspace

公式サイト

無料トライアル

オフィススイート

オンラインストレージ

日程調整ツール

強み

エコシステム

リアルタイム処理

幅広い企業規模に対応

注意点

導入検討時は取引先との連携に注意が必要

社内ポータルなどの日本特有の機能が不足

Microsoft 365と比較すると対応業務範囲が狭い

Google Workspaceとは

Google Workspaceは、Googleが提供するビジネス向けのアプリとコラボレーションツール群です。このソリューションには、Gmail、カレンダー、ドライブ、Meet、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、Chatなどのツールが含まれており、個人や組織の生産性を高めるための自由でイノベーティブなソリューションを提供します。これらのツールを組み合わせることで、効率的なコミュニケーションと協力が可能になります。

pros

強み

エコシステム

Google社製品を中心とした世界的な市場が形成されています。Googleが運営する製品だけでも、ビジネス向け製品は、オフィススイート、ウェブ広告、データ解析、IaaSなど多岐にわたります。Google社外にもGoogle社製品とシステム連携できる製品群があります。また販売や導入をサポートするパートナー、代理店、コンサルタントなどが多数存在します。

リアルタイム処理

リアルタイムな情報のやりとりに優れています。Google社が検索エンジン運営会社ということもあり、高い情報検索性を誇ります。また、複数人によるファイル同時編集する際の操作性や処理速度に秀でています。

幅広い企業規模に対応

すべての地域のすべての企業規模に対応しています。セキュリティに対して膨大な投資をしており、世界トップクラスのセキュリティ水準を誇ります。

cons

注意点

導入検討時は取引先との連携に注意が必要

「Microsoft 365」のExcel、PowerPointなどとの互換性が不十分な面があります。「Microsoft 365」の普及率は高く、取引先との資料のやり取りに使う際には、注意が必要です。

社内ポータルなどの日本特有の機能が不足

日本企業特有の要求に対応していない、または要求水準に満たないことがあります。具体的には、ワークフロー、社内ポータルなどの機能です。それらの機能が必要な場合は、別途他社製品を導入して補う必要があります。またアフターサービスが競合の日本勢に比べて最低限に留まります。

Microsoft 365と比較すると対応業務範囲が狭い

バックオフィスソフト、フロントオフィスソフトまで網羅しているMicrosoftと比較すると、対応業務範囲で劣ります。それを補うために他社の業務用ソフトウェアを導入し、アカウント管理などが煩雑化することがあります。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

オフィススイート

15.18%

16サービス中

2

カレンダーツール

3.28%

67サービス中

6

利用者の業種

  • IT、インターネット 24%
  • 製造 18%
  • 教育、学習支援 10%
  • 情報通信 8%
  • 卸売、小売 5%

利用者の事業規模

  • 大規模 37%
  • 小規模 32%
  • 中規模 31%

グループウェア

8.9%

113サービス中

3

利用者の業種

  • IT、インターネット 24%
  • 製造 18%
  • 教育、学習支援 10%
  • 情報通信 8%
  • 卸売、小売 5%

利用者の事業規模

  • 大規模 37%
  • 小規模 32%
  • 中規模 31%

連携

統合パートナー

提供ベンダー間ですでに連携されており、ユーザーは簡易な設定のみで連携して使用することが可能です。