FitGap
rakumo ワークフロー

rakumo ワークフロー

公式サイト

無料トライアル

ワークフローシステム

強み

Google連携

シリーズ製品が豊富

コストを抑えて導入可能

注意点

Google Workspaceに依存

申請書の形式

大企業利用

rakumo ワークフローとは

rakumo ワークフローは、rakumo株式会社が提供するワークフローシステムです。このシステムはGoogle Workspaceと連携することを前提に作られたシステムで、スマートフォンでの申請・承認、申請内容や申請金額の管理、ノーコードでの申請書作成などの機能を持っています。rakumo株式会社は、rakumo ワークフロー以外にも、勤怠管理システムの「rakumo キンタイ」、カレンダー・日程調整ツールの「rakumo カレンダー」などのrakumoシリーズ製品を提供しています。これらの製品は、企業の業務効率化とコミュニケーションの強化に貢献します。

pros

強み

Google連携

Google社の提供するグループウェアである「Google Workspace」(「Gmail」、「Google Drive」など)との連携を前提とした製品です。「Google Workspace」のアカウント情報を利用するため、本製品のためにユーザーアカウントの設定をする必要はありません。

シリーズ製品が豊富

rakumoシリーズは海外製品である「Google Workspace」を、国内でグループウェアとして利用する上で足りない機能を補うためのシリーズです。他社ではシリーズ内でもUIに一貫性がないシリーズもありますが、rakumoシリーズはUIが一貫しています。複数社の製品をバラバラに利用するよりも、利用者の学習コストを下げることができます。

コストを抑えて導入可能

シンプルなUIで必要最低限の機能を備えています。価格競争力が高く、利用料金は最安クラスです。

cons

注意点

Google Workspaceに依存

「Google Workspace」との連携を前提としたサービスです。「Google Workspace」のデータを利用するため、そのアップデートの影響を直接受けます。

申請書の形式

「紙の稟議申請書のような見た目」を再現するような機能を備えていません。「取引先から印影入りの書類を求められる」など、社内外のポリシー上、見た目が重要な場合に注意が必要です。

大企業利用

本製品は社内稟議に限れば、大企業にも耐えられますが、大企業はビジネスプロセスマネジメントのような、稟議を超えた幅広い領域の自動化機能を求める傾向にあります。大量反復業務を抱える大企業は、ビジネスプロセスマネジメント系の競合製品も検討することが推奨されます。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

ワークフローシステム

3.99%

147サービス中

8

利用者の業種

  • 建設、不動産 17%
  • その他の業種 16%
  • 製造 12%
  • 情報通信 12%
  • 卸売、小売 11%

利用者の事業規模

  • 中規模 41%
  • 大規模 37%
  • 小規模 22%

連携

統合パートナー

提供ベンダー間ですでに連携されており、ユーザーは簡易な設定のみで連携して使用することが可能です。

API(Application Programming Interface)提供あり

異なるソフトウェアが互いに通信し、情報を交換するための規則や手順のセットが公開されています。APIを使用するには利用するソフトウェアがお互いにAPIが公開されていること、簡易なシステム開発または間を取り持つソフトウェアの導入が必要になります。

サービス基本情報

リリース : 2011

https://rakumo.com/product/gsuite/workflow/公式
https://rakumo.com/product/gsuite/workflow/

運営会社基本情報

会社 : rakumo株式会社

本社所在地 : 東京都千代田区

会社設立 : 2004

ウェブサイト : https://corporate.rakumo.com/

rakumo株式会社運営サービス一覧

編集

profile

岡田華弥

SaaSアナリスト

SaaSアナリストリーダ。FitGapではバックオフィスをメインに40カテゴリの診断を担当。