FitGap
Akerun

Akerun

公式サイト

受付・入退室管理システム

Akerunの強み概要
強み

企業規模問わず利用可能な製品

多彩な認証方法

他サービス連携

Akerunの注意点概要
注意点

取付不可能なドア

電子鍵の耐久性

生体認証機能の不足

Akerunとは

Akerunは、株式会社フォトシンスが提供する受付・入退室管理システムです。このシステムは既存のドアに後付け可能で、入退室ログ情報の蓄積、社員証などのICカードを利用した認証、勤怠管理連携などの機能を備えており、オフィスや施設のセキュリティと効率化に貢献しています。2022年5月時点で累計で7000以上の企業に導入されています。また、株式会社フォトシンスは、企業向けのAkerunだけでなく、住宅向けのスマートロックサービスを提供しており、東京証券取引所マザーズに上場しています。

pros

強み

企業規模問わず利用可能な製品

本製品は企業規模問わず7,000社以上への導入実績があります。また、利用者別に鍵の権限設定を行うことが可能です。これによって、誰がいつ、どのドアを開錠可能か設定できます。また、アプリを用いた一時利用鍵の発行も可能で来客対応やホテルなどでも活用できる製品です。開き戸と自動ドアの両方に対応しています。

多彩な認証方法

専用のICカードだけでなく、スマホアプリや交通系ICカードなど様々な認証方法で利用可能です。特にスマホアプリを利用すれば即日で簡単に利用することができます。

他サービス連携

APIを公開しているため勤怠管理システムや受付、予約システムなどとデータ連携をすることが可能です。ドアの開錠を勤怠管理システムの打刻扱いにすることや受付ツールとして利用することも可能です。その他にも外部の顔認証システムと連携することでよりセキュリティの高い入退室管理システムにすることも可能です。

cons

注意点

取付不可能なドア

鍵穴タイプのドアやドアノブとカギが一体化したドアには本製品を取り付けることはできません。これは一例のため、見積りを行う際に取り付け可能なドアかしっかり確認する必要があります。

電子鍵の耐久性

本製品では電子鍵とドアは専用の両面テープでくっついています。産業用の強力なテープで動作試験にも合格している製品ですが、利用中に剝がれてしまう場合があります。また取り外すことが難しい製品ではないため、盗難リスクも発生します。

生体認証機能の不足

製品単体では生体認証を行うことはできません。利用する場合はAPI連携で他の生体認証可能な製品と連携する必要があります。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

Akerun受付・入退室管理システムマーケットシェア

6.22%

68サービス中

5

Akerun利用者の業種内訳

  • 製造 16%
  • IT、インターネット 14%
  • 生活関連サービス、娯楽 12%
  • 建設、不動産 8%
  • 卸売、小売 6%

Akerun利用者の事業規模の内訳

  • 大規模 47%
  • 中規模 28%
  • 小規模 25%

連携

統合パートナー

提供ベンダー間ですでに連携されており、ユーザーは簡易な設定のみで連携して使用することが可能です。

チームスピリット
Slack
KING OF TIME
ジョブカン勤怠管理
勤革時
freee人事労務
freee会計
ラクネコ
ジョブカン採用管理
マネーフォワード Admina

API(Application Programming Interface)提供あり

異なるソフトウェアが互いに通信し、情報を交換するための規則や手順のセットが公開されています。APIを使用するには利用するソフトウェアがお互いにAPIが公開されていること、簡易なシステム開発または間を取り持つソフトウェアの導入が必要になります。

サービス基本情報

リリース : 2014

https://landing.akerun.com/?page_id=8828公式
https://landing.akerun.com/?page_id=8828

運営会社基本情報

会社 : 株式会社フォトシンス

本社所在地 : 東京都港区

会社設立 : 2014

ウェブサイト : https://photosynth.co.jp/

株式会社フォトシンス運営サービス一覧

編集

profile

遠藤慎

SaaSアナリスト

SaaSアナリスト。筑波大学大学院卒業後、株式会社PIGNUSに入社。FitGapでは製品の強み注意点などのレポートを担当。

FitGap
運営会社

© PIGNUS Inc. All Rights Reserved.

かんたんな質問に答えるだけで、自社向けのシステム要件を整理し、ぴったりのサービスをチェックすることができます。