FitGap
OBIC7 会計情報システム

OBIC7 会計情報システム

公式サイト

会計ソフト

固定資産管理システム

管理会計システム

強み

シリーズ利用

対応業務範囲が広い

導入サポート

注意点

シリーズ利用が前提

オーバースペック

OBIC7 会計情報システムとは

株式会社オービックが提供する会計ソフトです。仕訳処理から財務諸表・決算報告まで一連の会計業務をサポートし、企業グループ全体の会計情報を一元管理できるサービスです。特許技術を活用した自動仕訳や外貨取引の管理、固定資産やリース資産の管理オプションなど、豊富な機能を備え、経営管理の中核として各関連システムからのデータ集約を可能にします。また、IFRS対応機能も提供しており、企業のグローバル化や会計基準の変更にも柔軟に対応可能です​​​​。株式会社オービックは、この会計情報システムの他にも、各種業界向けの統合ソリューションを提供しており、商社、運輸・物流サービス、小売業、サービス業など幅広い分野で企業の経営課題解決を支援しています​​。

pros

強み

シリーズ利用

会計情報システムだけでなく、同シリーズの販売システムや生産管理システムと運用することで会社の基幹システムとして機能するサービスです。広い業務範囲のシステムと連携することでスムーズなデータ連携や、統一UIによる業務の効率化に期待できます。また、業界ごとの要件に特化したシリーズパッケージが販売されており、利用することで業界独自の機能を持つ基幹システムとして運用できます。

対応業務範囲が広い

単体の財務会計だけでなく、連結会計や債権管理など対応できる業務範囲が広いサービスです。固定資産管理や経費清算など、財務に関わる機能を包括的に持っています。また、グループ企業の会計業務や、国外拠点の管理など対応可能な企業規模が広いサービスです。

導入サポート

導入前のシステム設計からシステム導入までコンサルタントによる包括的なサポートを受けることができます。会計ソフト以外の業務全体の設計を行ってくれるため、社内システム全体を最適化したい場合に向いているサービスです。

cons

注意点

シリーズ利用が前提

OBIC7 は会計情報システムを中心とした社内業務全般を支援するサービスのため、シリーズでの活用が前提となります。会計情報システム単体での運用などは想定されていないため注意が必要です。また、全体の業務システムをOBIC7にしたことによるベンダーロックインのリスクも発生します。

オーバースペック

企業規模によってはオーバースペックと感じる可能性が高いサービスです。親会社のいない中小企業にとってはコスト面、機能面ともに過剰過ぎます。中小企業向けのサービスとしてOBIC7を提供しているオービック社は、勘定奉行などの奉行シリーズを提供しています。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

会計ソフト

1.59%

111サービス中

19

利用者の業種

  • 製造 26%
  • IT、インターネット 21%
  • 生活関連サービス、娯楽 7%
  • 建設、不動産 7%
  • その他の業種 7%

利用者の事業規模

  • 中規模 57%
  • 大規模 30%
  • 小規模 13%

連携

統合パートナー

提供ベンダー間ですでに連携されており、ユーザーは簡易な設定のみで連携して使用することが可能です。

API(Application Programming Interface)提供あり

異なるソフトウェアが互いに通信し、情報を交換するための規則や手順のセットが公開されています。APIを使用するには利用するソフトウェアがお互いにAPIが公開されていること、簡易なシステム開発または間を取り持つソフトウェアの導入が必要になります。

サービス基本情報

リリース : 1997

https://www.obic.co.jp/erp_solution/accounting_info/公式
https://www.obic.co.jp/erp_solution/accounting_info/

運営会社基本情報

会社 : 株式会社オービック

本社所在地 : 東京都中央区

会社設立 : 1968

セキュリティ認証 : ISO/IEC 27001

ウェブサイト : https://www.obic.co.jp/

株式会社オービック運営サービス一覧

編集

profile

遠藤慎

SaaSアナリスト

SaaSアナリスト。筑波大学大学院卒業後、株式会社PIGNUSに入社。FitGapでは製品の強み注意点などのレポートを担当。

FitGap
運営会社

© PIGNUS Inc. All Rights Reserved.

かんたんな質問に答えるだけで、自社向けのシステム要件を整理し、ぴったりのサービスをチェックすることができます。