FitGap
勘定奉行 11

勘定奉行 11

公式サイト

無料トライアル

会計ソフト

勘定奉行 11の強み概要
強み

提供形態

シリーズ

提供会社

勘定奉行 11の注意点概要
注意点

大企業・上場企業利用

多言語対応

オプション

pros

強み

提供形態

本製品はオンプレミス対応の製品ですが、機能がほぼ変わらない奉行11クラウドを導入するとIaaS、PaaS、SaaS環境でも利用可能です。自社で最適な運用形態で利用することが可能です。

シリーズ

本製品は奉行11シリーズの1製品でその他のシリーズには給与計算ソフトや販売管理システム、在庫管理システムなどの複数の製品があります。奉行シリーズは製品間での連携があり、データ連携の設定を行うことでバックオフィス業務の自動化を勧めることが可能です。

提供会社

本製品を提供している株式会社オービックビジネスコンサルタントは国産ERP大手の株式会社オービックの子会社です。長年にわたり日本の商習慣に基づいたバックオフィス製品を提供しており今後も継続的なサービスの提供や機能追加に期待できます。

cons

注意点

大企業・上場企業利用

大企業や上場企業が利用するには機能が不足しています。大規模利用を行う場合は同じ運営会社が提供しており、本製品よりも機能面で充実している奉行V ERPクラウドなどの導入が必要です。

多言語対応

本製品は日本語のみに対応しています。海外法人の会計情報の管理などで多言語対応が必要な場合はクラウド版の勘定奉行クラウドGlobal Edionを導入する必要があります。

オプション

外貨入力オプションや支払消込オプションなど複数の有料オプションがあります。他の製品では標準搭載されている機能がオプションとして提供されている場合もあり、オプションの組み合わせによっては他の製品より割高になる可能性があるので注意が必要です。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

勘定奉行 11会計ソフトマーケットシェア

11.71%

111サービス中

2

勘定奉行 11利用者の業種内訳

  • 製造 23%
  • IT、インターネット 13%
  • 卸売、小売 12%
  • 建設、不動産 11%
  • その他の業種 6%

勘定奉行 11利用者の事業規模の内訳

  • 中規模 43%
  • 小規模 40%
  • 大規模 17%

連携

統合パートナー

提供ベンダー間ですでに連携されており、ユーザーは簡易な設定のみで連携して使用することが可能です。

マネーフォワード クラウド経費
Traveler'sWAN
BtoBプラットフォーム 受発注
BTrex 連結会計
mcframe GA
MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算
FutureStage 製造業向け生産管理システム
Bill One
board
経費Bank
invox受取請求書
ManageAC
法人税の達人
FutureStage 卸売業向け販売管理システム
懐刀
アラジンオフィス for foods
アラジンオフィス for fashion POS
アラジンオフィス for fashion  店舗管理
MAJOR FLOW Z TIME
OBIC7

API(Application Programming Interface)提供あり

異なるソフトウェアが互いに通信し、情報を交換するための規則や手順のセットが公開されています。APIを使用するには利用するソフトウェアがお互いにAPIが公開されていること、簡易なシステム開発または間を取り持つソフトウェアの導入が必要になります。

サービス基本情報

リリース : 2020

https://www.obc.co.jp/bugyo-p/kanjo公式
https://www.obc.co.jp/bugyo-p/kanjo

運営会社基本情報

会社 : 株式会社オービックビジネスコンサルタント

本社所在地 : 東京都新宿区

会社設立 : 1980

セキュリティ認証 : ISO/IEC 15408、SOC 1、SOC 2

ウェブサイト : https://corp.obc.co.jp/corporate/

株式会社オービックビジネスコンサルタント運営サービス一覧