FitGap
勘定奉行クラウド

勘定奉行クラウド

公式サイト

無料トライアル

会計ソフト

強み

経理業務全体をデジタル化

導入、運用サポート

専門家ライセンス

注意点

中堅、上場企業対応

海外子会社、多言語、多通貨対応

勘定奉行11との違い

勘定奉行クラウドとは

勘定奉行クラウドは、株式会社オービックビジネスコンサルタントが提供するSaaS型の会計ソフトです。会計業務、適格請求書受領・発行、AI-OCR対応、証憑収集・ペーパーレス保管、勘定科目内訳明細書まで幅広い経理・会計業務に対応しています。さらに、中堅・上場企業向けの「奉行VERPクラウド」やグローバル会計に対応した「勘定奉行クラウドGlobal Edition」も提供しています。株式会社オービックビジネスコンサルタントは、勘定奉行クラウドの他にも、奉行シリーズとしてバックオフィス業務を支援するクラウドサービスを提供しています。

pros

強み

経理業務全体をデジタル化

他の奉行クラウドと併用することでシームレスなデータ連携により、経理業務全体をデジタル化し、企業全体の生産性を向上します。必要な業務範囲から選択して、段階的にデジタル化を進めることが可能です

導入、運用サポート

業務要件のヒアリングから導入の全体設計、各種初期設定、利用者教育までの一貫した導入サポートを受けることができます。また導入後の運用は業務ごとに専門スタッフが対応するサポートセンターを提供しています。

専門家ライセンス

自社の業務サポートをしている社労士や税理士などの専門家用の専用ライセンスが無償で提供されます。これにより、専門家が給与データの確認や作業をスムーズに行えます。

cons

注意点

中堅、上場企業対応

中堅・上場企業が利用する場合、IFRS対応など機能面が不足する可能性があります。本サービスよりも高機能、ハイスペックである奉行V ERPクラウドの導入が必要です。

海外子会社、多言語、多通貨対応

海外子会社の会計情報管理を行いたいグループ・グローバル企業の場合、勘定奉行クラウドの多言語・多通貨対応「勘定奉行クラウドGlobal Edion」、グループのライセンス管理や機能が搭載された「奉行V ERPクラウド Group Management Model」を提供しています。グループ合算、管理連結などに対応できます。

勘定奉行11との違い

SaaS型の勘定奉行クラウドと利用形態が異なります。勘定奉行11はインストール型になります。会計業務に必要な機能は網羅しています。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

会計ソフト

11.71%

111サービス中

2

利用者の業種

  • 製造 23%
  • IT、インターネット 13%
  • 卸売、小売 12%
  • 建設、不動産 11%
  • その他の業種 6%

利用者の事業規模

  • 中規模 43%
  • 小規模 40%
  • 大規模 17%

連携

統合パートナー

提供ベンダー間ですでに連携されており、ユーザーは簡易な設定のみで連携して使用することが可能です。

API(Application Programming Interface)提供あり

異なるソフトウェアが互いに通信し、情報を交換するための規則や手順のセットが公開されています。APIを使用するには利用するソフトウェアがお互いにAPIが公開されていること、簡易なシステム開発または間を取り持つソフトウェアの導入が必要になります。

サービス基本情報

リリース : 2018

https://www.obc.co.jp/bugyo-cloud/kanjo公式
https://www.obc.co.jp/bugyo-cloud/kanjo

運営会社基本情報

会社 : 株式会社オービックビジネスコンサルタント

本社所在地 : 東京都新宿区

会社設立 : 1980

セキュリティ認証 : ISO/IEC 15408、SOC 1、SOC 2

ウェブサイト : https://corp.obc.co.jp/corporate/

株式会社オービックビジネスコンサルタント運営サービス一覧