FitGap
invoiceAgent 文書管理

invoiceAgent 文書管理

公式サイト

無料トライアル

文書管理システム

invoiceAgent 文書管理の強み概要
強み

商取引に関する書類管理を一元化

手厚い運用サポート体制

システム連携による自動化

invoiceAgent 文書管理の注意点概要
注意点

小規模企業にはオーバースペック

導入、保守には専門家を推奨

ワークフロー機能は連携が必要

invoiceAgent 文書管理とは

invoiceAgent 文書管理は、ウイングアーク1ST株式会社が提供する文書管理システムです。本製品は、文書管理、AI-OCRによる電子化といった機能に加えて、電子契約の承認および締結、帳票の送受信をオプションで追加することができます。タイムスタンプや契約書のライフサイクル管理もできるため、1つの製品に商取引に関する書類を統合管理することができます。

pros

強み

商取引に関する書類管理を一元化

invoiceAgent 文書管理は、上述の通り商取引における契約や帳票を電子化し一元管理するため製品です。帳票および契約書の作成、送付、受領、保管を1つのツールでカバーしています。それぞれに特化したツールを連携する場合に比べて、ツールの使い方や初期設定などの学習コストや使い分けの手間などを省くことができます。

手厚い運用サポート体制

invoiceAgent 文書管理は、オンラインマニュアルやeラーニング、他社の活用事例、公式が運営するユーザーコミュニティによるユーザー同士の情報交換の場が提供されており、自己解決できるサポートコンテンツが非常に充実しています。また、専任の担当者によるサポートを受けることもできます。他にも、2022年の電子帳簿保存法改正の際には、法対応のための運用面での相談もできた事例もあります。様々なサポート受けられるため、安心して導入できる製品といえます。

システム連携による自動化

invoiceAgent 文書管理は、他社の5製品のワークフローシステム、ワークフローシステムと連携することで、承認フロー中の申請情報と添付のPDFにタイムスタンプによる証跡を自動的に付与した上で保管することができます。 また、本製品は、オンラインストレージのBoxと連携することでデータを同期できます。具体的には、Boxで取り込んだデータにinvoiceAgent 文書管理でタイムスタンプを付与したり、文書のライフサイクル管理を行うことができます。他にも、管理者がinvoiceAgent 文書管理で取り込んだデータを現場の利用者が使い慣れたBoxで管理することができます。invoiceAgent 文書管理とBoxを同期することで、管理者と現場の利用者双方で便利に使うことができます。

cons

注意点

小規模企業にはオーバースペック

invoiceAgent 文書管理は、1製品で帳票や契約書などの書類のライフサイクルをシステムで管理できる製品です。書類のライフサイクルシステムは、導入の手間がかかる反面、適切な初期設定ができればその後は、管理する書類が増えるほど恩恵を受けられるシステムです。管理する書類が多くない企業は、初期設定のコストなどの割に合わないケースもあるため、invoiceAgent 文書管理の一部の機能を持つような特化型の製品の導入も検討すべきです。

導入、保守には専門家を推奨

invoiceAgent 文書管理は、単体での利用というよりも他のシステムと連携により、真価を発揮します。また、前述の通り、初期設定が重要な製品なこともあり、システム全体を見てシステムの構成や設定を考慮できる専門家がいることが推奨されます。

ワークフロー機能は連携が必要

invoiceAgent 文書管理には、ワークフロー機能を備えていません。文書管理とワークフローを1つ製品で対応したい場合は、競合他社製品ではワークフロー機能を備えているものも検討すべきです。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

invoiceAgent 文書管理文書管理システムマーケットシェア

4.52%

102サービス中

3

連携

統合パートナー

提供ベンダー間ですでに連携されており、ユーザーは簡易な設定のみで連携して使用することが可能です。

PCAクラウド会計
AgileWorks
X-point Cloud
Salesforce
box
SVF Cloud for ServiceNow
SuperStream-NX 会計
PCAクラウド人事管理hyper
AppRemo
皆伝!ワークフロー
AUTO帳票EX
PCAクラウド法定調書
SVF
intra-mart Accel Kaiden!

API(Application Programming Interface)提供あり

異なるソフトウェアが互いに通信し、情報を交換するための規則や手順のセットが公開されています。APIを使用するには利用するソフトウェアがお互いにAPIが公開されていること、簡易なシステム開発または間を取り持つソフトウェアの導入が必要になります。

サービス基本情報

リリース : 2021

https://www.wingarc.com/product/ia/documents/公式
https://www.wingarc.com/product/ia/documents/

運営会社基本情報

会社 : ウイングアーク1st株式会社

本社所在地 : 東京都港区

会社設立 : 2016

セキュリティ認証 : ISO/IEC 27001、ISO/IEC 27017、ISO/IEC 27018、ISO/IEC 25051

ウェブサイト : https://corp.wingarc.com/company/data.html

ウイングアーク1st株式会社運営サービス一覧

編集

profile

丹沢充裕

SaaSアナリスト

SaaSアナリスト。FitGapではSEO、製品の強み注意点などのレポートを担当。