FitGap
PCAクラウド会計

PCAクラウド会計

公式サイト

無料トライアル

会計ソフト

管理会計システム

PCAクラウド会計の強み概要
強み

小、中規模企業向け

API公開

セキュリティ認証

PCAクラウド会計の注意点概要
注意点

中堅企業以上での利用

提供形態

ベンダーロックイン

PCAクラウド会計とは

PCAクラウド会計は、ピー・シー・エー株式会社が提供するクラウド型の会計ソフトです。JIIMA認証を受けており、日本会計基準に準拠し、企業会計や公益法人会計、会計帳票の出力機能を備えています。ピー・シー・エー株式会社は東京証券取引所プライム市場に上場しており、PCAクラウド会計の他にもPCAクラウドシリーズの製品として人事システムの「PCAクラウド人事管理」や販売管理システムの「PCAクラウド商管」などを提供しています。また、サブスクリプションやオンプレミスも提供しています。

pros

強み

小、中規模企業向け

本製品は給与計算に特化した製品です。同社が販売している人事システムとデータ連携を行うことで人事情報と結びつけて給与計算が可能です。

API公開

APIが公開されており、開発を行えば他社製品や自社独自のシステムとのデータ連携が可能です。また、複数の勤怠管理システムや人事システムと開発無しで連係が可能です。

セキュリティ認証

ISO27017のセキュリティ認証を取得しています。ISO27017はクラウドサービスの情報セキュリティに関する国際規格で運営会社がクラウド上の個人情報保護体制に積極的に取り組んでいると考えられます。

cons

注意点

中堅企業以上での利用

グループ企業の管理や全銀EDIシステムへの対応など中堅以上の企業でニーズの高い機能は本製品では不足しています。グループ企業などを管理する場合はより多機能でPCAクラウド会計 hyperの導入が必要です。

提供形態

ピー・シー・エー株式会社が販売する本製品には主にクラウド版とパッケージ版、サブスクリプションバージョンの3種類の提供形態が用意されています。機能的にはほぼ変わりませんが運用方法が変わるため、自社の状況に合わせて最適なものを選択してください。

ベンダーロックイン

運営会社が提供している製品群同士を連携することでよりバックオフィス業務が効率化されます。しかし、バックオフィス業務を1つのシリーズ製品に依存すると製品を乗り換える際のコストが高まる可能性があります。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

PCAクラウド会計会計ソフトマーケットシェア

3.52%

111サービス中

8

PCAクラウド会計利用者の業種内訳

  • その他の業種 16%
  • 製造 15%
  • 卸売、小売 13%
  • 建設、不動産 11%
  • IT、インターネット 9%

PCAクラウド会計利用者の事業規模の内訳

  • 小規模 69%
  • 中規模 22%
  • 大規模 9%

連携

統合パートナー

提供ベンダー間ですでに連携されており、ユーザーは簡易な設定のみで連携して使用することが可能です。

楽楽精算
アラジンオフィス 鐵王
アラジンオフィス
ASTERIA Warp
バクラク 経費精算
TOKIUM経費精算
BtoBプラットフォーム 請求書
invoiceAgent 文書管理
Bill One
invox受取請求書
MakeLeaps
ジョブカン経費精算
バクラク請求書
請求管理ロボ
NI Collabo 360
BTrex 連結会計
どっと原価3
MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算
V-ONE クラウド
CELF
売上原価Pro
レッツ原価管理Go2
Vicsell勤怠管理
経費Bank
法人税の達人
懐刀
アラジンオフィス for foods
アラジンオフィス for fashion POS
アラジンオフィス for fashion  店舗管理
i-Rent Plus
どっと原価NEO EX
どっと原価NEO LT
どっと原価NEO ST
PCAサブスク商魂