FitGap

与信管理システムとは?

更新:2024年02月26日

与信管理システムは、取引先の経営状況や与信限度枠など、取引先の信用評価、財務状況などの情報を一元管理するシステムです。与信管理を一元化することで、与信判断の精度を高めたり、未回収リスクの下げることができます。一般的な与信管理システムは上記を指すことが多いですが、FItGapの与信管理システムの診断は、反射チェックツールや風評を調べるツールの選定にも対応しています。

pros

導入メリット

未回収リスクの低減

与信管理システム導入により、標準的な与信管理の業務フローが整備されるため、自社にノウハウがない企業でも、適切な与信管理を行うことができます。適切な与信管理を行うことで、未回収リスクを低減したり、未回収が発生した場合でも、自社の経営に与える影響を最小限に抑えることができます。

素早く精度の高い与信判断

与信管理システムは、専門のデータベースを利用できる製品があり、自社での調査で取得することの難しい取引先の情報を効率的に集めることができます。また、AIや統計的な手法などを用いて与信をスコアリングすることができる製品もあります。与信判断に関する情報収集や参考指標を素早く、詳細に集めることができるため、精度の高い与信判断を素早く行うことができます。

モニタリングの効率化

取引先の企業情報や財務情報、与信スコアリングを自動的にモニタリングすることができます。人による定期チェックにかかる工数を削減するだけでなく、漏れなどのヒューマンエラーを防止することができます。

cons

導入注意点

料金体系

与信管理システムや代行サービスの利用は業務効率化をもたらす一方で、取引件数が多くなるほどコストが増大し、費用対効果が低下するリスクがあります。

able

かんたんな質問に答えてぴったりの与信管理システムをチェック

eye

与信管理システムの選び方

与信管理システムを選ぶにあたり、以下のポイントを確認することで、自社に合ったものを自社に合ったものが選べます。

1

与信調査の範囲から選ぶ

与信管理システムは、以下のような調査対象で分けられます。選定の際には目的に合った調査対象への対応状況を確認しましょう。

・与信情報調査

与信情報調査は、与信限度額、与信スコアリング、過去の取引先などを調べることができます。与信判断の情報収集の精度を高めたり、素早く判断することに適しています。与信判断後の取引先の与信限度額の変化などを自動でモニタリングできる製品もあり、与信判断後の管理業務の効率化をすることができます。

・反社チェック

取引先の反社会勢力との関わりを調査することができます。調査対象は、新聞記事やSNS、ブログ、口コミサイトや官報、裁判例、警察などの官公庁から公表される情報、海外企業のデータなどを対象としています。中には、暴力団に所属していないが犯罪を犯す集団や悪質なクレーマーを調査できる製品もあります。

・企業の基本情報

取引先の商業登記簿の公的な情報を調査できます。社名、本社所在地、設立年度などの基本情報、資本金の推移、経営者陣の構成の推移、株式関連情報などがわかります。

・風評調査

新聞、SNS、webサイトなどから、風評や過去のトラブルの情報を調査することができます。風評が原因で株価が大きく変動する事例もあるため、徐々に需要が高まっています。

2

与信管理の方法から選ぶ

与信管理システムには、与信判断に必要な情報を提供してくれて自社で与信判断をするサービスと、自社で与信調査を行わずに専門家に委託してレポートを作成するサービスがあります。与信判断に必要な情報を提供してくれるサービスは、コストが安いが、自社に与信判断のノウハウが必要です。専門家に委託してレポートを作成するサービスは、専門家による調査のため、精度が高いが、費用がかかる傾向にあります。取引先と取引金額、自社のノウハウに応じて、必要なサービスを判断しましょう。

3

与信のモニタリング機能で選ぶ

与信管理システムには、与信情報を定期的に取得するサービスがあります。与信限度額の変動や、経営状態の変化などに関する情報が自動更新されるため、与信の見直しに関する工数削減や漏れを防止できます。お得意様などの長期間の取引相手が多い企業には特におすすめです。

4

海外企業の与信調査で選ぶ

与信管理システムには、海外企業の与信調査ができるものがあります。海外企業との新規取引が多い場合は、海外企業の与信管理に対応できるサービスを選びましょう。

able

かんたんな質問に答えてぴったりの与信管理システムをチェック

与信管理システムに関連するページ