FitGap

サービス一覧(シェア順):安否確認システム

株式会社テクノミックスが提供する安否確認システムです。このシステムは、企業や施設団体に対して、緊急連絡や一般連絡メールの迅速な配信を可能にするもので、特に自然災害時の情報共有が求められる状況においてその価値を発揮します。主な機能としては、大量メールの高速配信、災害時の職員間連絡、家族への緊急連絡などがあります。これにより、使用者はいかなる状況下でも迅速かつ効果的なコミュニケーションを維持できます。また、同社は学校安心メールや保育園・幼稚園安心メールなど、他の連絡支援ツールも提供しています。

マーケットシェア・導入事例
12.33%

安否確認システム

46サービス中

2

強み・注意点
プラン・料金
-
初期費用
¥22,000
月額費用
¥3,300
統合パートナー・API連携サービス

株式会社ラビックスが提供する安否確認システムです。このソフトは、災害発生時に気象庁の緊急地震速報と連動して、事前に登録された連絡先に自動で安否確認メールを送信する機能を持っています。また、位置情報を利用した報告や、社員の現況を一目で把握できる自動集計機能も備えており、迅速な初動対応を支援します。加えて、社員の安否状況を組織図で視覚的に管理することが可能で、責任者から直接安否確認を行う運用が行えます。同社は、e安否の他にも「You-OK」という製品を提供しています。

マーケットシェア・導入事例
11.39%

安否確認システム

46サービス中

3

強み・注意点
プラン・料金
ライトプラン
従量課金1
利用ユーザ数
¥100 / 人
プロプラン
従量課金1
利用ユーザ数
¥105 / 人
統合パートナー・API連携サービス

株式会社アルカディアが提供する安否確認システムです。本サービスは企業の危機管理をサポートし、メール、電話、FAXを使って社員やその家族の安否を迅速かつ効果的に確認できます。特に、多言語対応が可能であり、日本語はもちろんのこと、英語やその他言語でのメッセージ配信にも対応しています。さらに、音声合成によるメッセージ発信機能も備えており、国内外を問わず広く利用されています。同社は他にもSpeeCAN RAIDENなどのソフトを提供しています。

マーケットシェア・導入事例
強み・注意点
プラン・料金
-
初期費用
¥55,000
月額費用
¥11,000
統合パートナー・API連携サービス

安否確認システム ANPICは、株式会社アバンセシステムが提供する安否確認システムです。このシステムの主な機能には、メール、LINE、スマホアプリを利用した安否確認、地震対応、回答の自動集計機能などがあります。これにより、企業や組織は災害時に迅速かつ効率的に従業員の安全を確認し、必要な対応を行うことができます。株式会社アバンセシステムは、安否確認システム ANPICの他には車載ソフトウェアの開発事業や生産管理システムの提供などを行っています。

無料トライアル

マーケットシェア・導入事例
6.42%

安否確認システム

46サービス中

5

強み・注意点
強み

人事システムとの連携

学校法人向け

導入サポート

注意点

部門、所属別のメッセージの送信

運営会社

GPSとの連携

プラン・料金
~50名
初期費用
¥27,500
月額費用
¥5,643
~100名
初期費用
¥55,000
月額費用
¥6,061
~300名
初期費用
¥82,500
月額費用
¥11,704
~500名
初期費用
¥110,000
月額費用
¥17,347
~1000名
初期費用
¥165,000
月額費用
¥23,512
統合パートナー・API連携サービス

エマージェンシーコールは、インフォコム株式会社が提供する安否確認システムです。主な機能としてメールや専用アプリを使用した安否確認、未回答者への自動再送信、安否に関する回答の自動集計機能など、緊急時の安否確認に必要な機能を備えています。インフォコム株式会社は、エマージェンシーコールの他にも、文書管理システムの「MyQuick」や健康管理システムの「WELSA」などを提供しています。

無料トライアル

マーケットシェア・導入事例
4.59%

安否確認システム

46サービス中

7

強み・注意点
強み

中小企業向け

権限管理機能

多くの利用者がいるサービス

注意点

中堅、大企業での利用

外部システム連携

ガラケーが利用可能な古めのUI

プラン・料金
ライトプラン
初期費用
¥0
月額費用
¥10,000
-
初期費用
¥220,000
月額費用
¥44,000
統合パートナー・API連携サービス

日本電気株式会社が提供する安否確認システムです。本システムは東日本大震災の経験を活かし開発されたもので、緊急時の迅速な安否確認を可能にします。特に、災害時にはメールやアプリを通じて一斉に安否確認を促す通知が送信され、回答は空メールまたはアプリで簡単に行えます。また、社内システム情報と連動して運用が可能で、マスターメンテナンスの必要がありません。同社はこの安否確認システムの他にもEXPLANNER/FL IIやEXPLANNER/Jといったソフトを提供しています。

マーケットシェア・導入事例
強み・注意点
プラン・料金
-
月額費用
¥13,200
従量課金1
利用ユーザ数
¥22 / 人
従量課金2
利用ユーザ数
¥20 / 人
統合パートナー・API連携サービス
マーケットシェア・導入事例
4.29%

安否確認システム

46サービス中

9

強み・注意点