FitGap

ECサイト構築ツールとは?

更新:2024年05月01日

監修

ITコンサルタント

向井一真

ECサイト構築ツールとは、開発やデザインの知識のあるないにかかわらず、ECサイトを作成、運営するためのツールです。従来は開発会社に依頼するのが一般的でしたが、プログラムの知識やコーディングが不要で、直感的な操作でECサイトを作成できるツールも増えています。また、大規模向けのツールは、複数のECサイト、店舗在庫、在庫システムなどと連携できたり、要件に応じたカスタマイズができるものもあります。ECサイト構築ツールは、ECサイトのデザイン、商品ページやコンテンツの作成、決済機能、商品管理、顧客管理、販促、分析などの機能を備えています。

pros

導入メリット

ECサイト運営の内製化

比較的単純なECサイトであれば、ECサイトを構築、運営を内製化することができます。内製化することで、外注した際に生じるコミュニケーションコストや費用を削減できます。

テンプレート、ベストプラクティスの利用

多くのECサイト構築ツールにはテンプレートが用意されており、これらを利用してモジュールの配置やデザインを行うことで、比較的短期間にECサイトを構築することが可能です。また、これらのテンプレートは一般的にベストプラクティスに基づいているため、専門的な知識がなくても、視認性が高いサイトやユーザーからの問い合わせ率が高いサイトを構築できる可能性があります。

cons

導入注意点

初期設定と運用の難易度

複雑なECサイトを構築できるツールを使用する際には、初期設定の難易度が高い傾向にあり、システムや業務に関する知識が必要になる場合があるため、注意が必要です。複雑なECサイトの構築を検討している場合、提供会社からのサポートや外部のコンサルタントサポートを受けることが一般的です。外部の専門家を利用する際でも、自社内にシステムや業務の知識を持つ担当者を配置することが推奨されます。

コストと機能性

ECサイト構築ツールは、ドメインの取得も不要で手軽に始められる(ASP型)のサービス、ノンカスタマイズ、セミスクラッチ、フルスクラッチの順に機能に優れますが、機能に比例してコストも増加します。ASP型は安価で、簡単にミニマルなECサイトを始められますが、標準機能が最低限で、カスタマイズ性が低い傾向にあります。フルスクラッチに近づくほど、初期設定が複雑で利用料も高価ですが、標準機能が豊富で、自社の要件に合わせて自由なカスタマイズが可能になります。コストと機能はトレードオフになる傾向にあるため、自社に必要な要件の整理が重要です。

アクセス解析、分析機能の性能

ECサイト構築ツールの多くは、サイトの訪問者数、各商品の閲覧数、滞在時間などのアクセス解析機能および分析機能も提供しています。ただし、ツールによっては、解析項目の細かさなどの性能が異なります。アクセス解析や分析機能を提供していると謳うツールでも、自社にとって必要な項目や分析方法に対応していることを、ベンダーとのやり取りやデモを通じて確認することが推奨されます。

able

かんたんな質問に答えてぴったりのECサイト構築ツールをチェック

eye

ECサイト構築ツールの選び方

ECサイト構築ツールを選ぶにあたり、以下のポイントを確認することで、自社に合ったものを選べます。

1

ECサイトの規模から選ぶ

ECサイト構築ツールは、低コストで簡単にECサイトを構築できるタイプと、高コストだが詳細な設定ができるタイプがあります。小規模事業者、ECサイトの売上高が大きくない、Webサイトやシステムに関する専門知識がない、立ち上げスピードを重視するなどが当てはまる場合は、簡単にECサイトを構築できるタイプがおすすめです。一方、中規模以上の事業者、ECサイトの売上高が大きい、実店舗と連動したシステムを作りたいなどに当てはまる場合は、ECサイトに詳細な設定ができるタイプがおすすめです。

2

toB向け、toC向けから選ぶ

ECサイト構築ツールを選ぶ際は、取引相手に応じて適切な製品を選ぶ必要があります。BtoB向けの製品では、取引先ごとの価格設定、売掛金対応、注文限度額の設定、見積もり作成など、BtoB向けの特有の機能が提供されています。一方、BtoC向けの製品には、クーポン発行、会員管理、LINE連携、楽天市場やAmazonなどのECモール連携機能など、BtoC向けの機能が提供されています。また、BtoBとBtoCの両方に対応している製品も存在します。

3

物以外の販売に特化した製品を選ぶ

物理的な商品以外をECサイトツールで販売したい場合、デジタルコンテンツ、電子チケット、施設予約に特化した製品を選びましょう。

4

販売形式から選ぶ

ECサイト構築ツールは以下の販売形式に対応できる製品があります。ECモール販売は、複数の出店者やブランドを販売するECサイトです。具体的には、amazon、楽天市場、各社百貨店のECサイトが挙げられます。自社に必要な販売形式に対応できる製品は、ECサイト構築ツール診断でチェックしましょう。

・予約販売

・定期販売

・セット販売

・抽選販売

・オークション販売

・モール型販売

5

オムニチャネル対応の製品を選ぶ

ECサイト構築ツールの中には、実店舗とオンラインチャネルを統合できる(オムニチャネル対応)製品があります。実店舗とECサイト間の在庫管理の統合、ポイント連携、ECサイトで予約した商品を実店舗で受け取るサービス、実店舗での試着後にオンラインで購入するなどの機能が必要な場合、オムニチャネル対応のECサイト構築ツールを選びましょう。

6

大手ECモールとの連携要件で選ぶ

ECサイト構築ツールの中には、以下の大手ECモールとの連携できて、在庫、受注、価格管理を一元的に行うことができる製品があります。大手ECモールにツール内で直接出品することができる製品もあります。

・楽天市場との連携

・Amazonとの連携

・Yahoo!ショッピングとの連携

able

かんたんな質問に答えてぴったりのECサイト構築ツールをチェック

ECサイト構築ツール診断で比較表を作成!おすすめや選び方も解説に関連するカテゴリ

ECサイト構築ツール診断で比較表を作成!おすすめや選び方も解説に関連するページ

監修者プロフィール

profile

向井一真

ITコンサルタント

ITコンサルティングファームにて約15年間ERP導入プロジェクトに従事。大手企業向けの案件が多く、プロジェクトは平均2,3年で要件定義・設計・開発・保守運用などすべてのプロセスに関わる。SAPパッケージを中心にSCM、会計が得意領域。