FitGap

ホームページ作成ソフトとは?

更新:2024年05月01日

監修

ITコンサルタント

向井一真

ホームページ作成ソフトは、webサイトを作るために必要な機能を備えていて、プログラミングの知識がなくても、直感的な操作でホームページを作成できるものから、HTMLやCSSなどのプログラミング言語を使用するものまであります。なお、本サービスでは、ECサイトを作成することに特化した製品は、ECサイト構築ツールに分類しています。

pros

導入メリット

専門知識がなくてもホームページを作成できる

ホームページ作成ソフトは、プログラミングの知識がなくても、テンプレートを活用したり、マウス操作のみでウェブサイトを作成できます。また、テンプレートが用意されているものであれば、デザインの知識も不要になります。

レスポンシブデザイン対応

レスポンシブデザインに対応したソフトを使用すると、ユーザーが利用するデバイスの種類や画面サイズに応じて、ウェブサイトの表示が自動的に最適化されます。スマートフォン、タブレット、デスクトップなど様々なデバイスでの閲覧に適した設定に対応できます。

cons

導入注意点

ドメイン変更リスク

ホームページ作成ソフトには、ユーザーが独自にドメインを取得するタイプと、ソフトウェアが提供する独自ドメインを利用するタイプが存在します。ソフトの中で独自ドメインを取得する場合、取得手続きは簡単ですが、他のホームページ作成ソフトに移行する際、ドメイン変更が必要になります。ドメイン変更後は、SEO評価を新しいドメインに移行する期間が必要で、その期間中はサイトへの流入が減少します。また、SEOの評価を完全に移行できる保証はなく、場合によってはSEO評価がゼロから再スタートする可能性もあります。

ソフトによって必要なIT関連スキルが異なる

ホームページ作成ソフトは、IT関連スキルがなくても手軽にホームページを作成できるものから、webページの基礎知識やプログラミングなどの専門的な知識がないと、ツールの使用がままならないものまで幅広くあります。自身の目的はもちろんリテラシーに合ったソフトを選びましょう。

プログラミング知識の有無で選ぶ

ホームページ作成ソフトには大きく分けて二つのタイプがあります。一つは、プログラミングを利用して自由度の高いデザインや詳細な設定が可能で、カスタマイズ性に優れたタイプです。もう一つは、ノーコードでテンプレートを利用し、手軽にウェブページを作成できるもので、カスタマイズ性は劣るものの、低コストで、素早くホームページを立ち上げることができます。

able

かんたんな質問に答えてぴったりのホームページ作成ソフトをチェック

eye

ホームページ作成ソフトの選び方

ホームページ作成ソフトを選ぶにあたり、以下のポイントを確認することで、自社に合ったものを選べます。

1

デザインの作成方法から選ぶ

ホームページ作成ソフトを使用したホームページのデザイン方法は、大きく以下の3つに分類できます。

・デザインテンプレートを使用

デザインテンプレートが提供されているため、デザインの知識が不要、特にデザインにこだわりがない、または迅速に作成したい場合におすすめです。

・独自デザイン

デザインスキルが前提とされ、特にコーポレートサイトなどブランディングを重視し、オリジナルデザインで統一したい場合におすすめです。

・AIによるデザイン

AIがデザイン案を提供します。製品によってAIの精度は異なりますが、テンプレートを見ても自分のホームページに適したデザインがわからない人などにおすすめです。

2

自前ドメインの取得の要否で選ぶ

ホームページには、「ドメイン」と呼ばれるインターネット上のアドレスが必要です。例えば、本サービスのTOPページの「https://fitgap.com/jp/」というURLの中で、「fitgap.com」がドメインに当たります。ホームページ作成ソフトには、自分でドメインを取得するタイプと、運営会社のドメインを使用できるタイプがあります。自分のドメインを持つ場合、自由にドメイン名を設定でき、ホームページ作成ソフトを変更してもドメインを維持できるメリットがありますが、有料で取得手続きが必要です。一方、ドメインをレンタルする場合、初期コストはかかりませんが、ホームページ作成ソフトの変更の際にドメインの移行が必要となり、webサイト制作やSEOに関する追加の知識と手間が発生する可能性があります。

3

レンタルサーバーの要否で選ぶ

ホームページ作成ソフトには、自分でサーバーを準備する必要のある製品と、レンタルサーバーを利用する自前のサーバーを用意する必要がない製品があります。自前のサーバーを用意するタイプでは、サーバーやインフラを自社で全て管理できる利点がありますが、サーバーの維持費や保守などのコストがかかるというデメリットもあります。反対に、レンタルサーバーを利用するタイプでは、素早く立ち上げられて、サーバー管理に関するコストが不要で、サーバー管理の人材コストなどの運用コストを抑えられるメリットがあります。なお、サーバーとは、ホームページのテキストや画像のデータを保持するためのソフトまたはコンピューターで、ホームページを作成する上で必須です。

able

かんたんな質問に答えてぴったりのホームページ作成ソフトをチェック

ホームページ作成ソフト診断で比較表を作成!おすすめや選び方も解説に関連するカテゴリ

ホームページ作成ソフト診断で比較表を作成!おすすめや選び方も解説に関連するページ

監修者プロフィール

profile

向井一真

ITコンサルタント

ITコンサルティングファームにて約15年間ERP導入プロジェクトに従事。大手企業向けの案件が多く、プロジェクトは平均2,3年で要件定義・設計・開発・保守運用などすべてのプロセスに関わる。SAPパッケージを中心にSCM、会計が得意領域。