FitGap

販売管理システムとは?

更新:2024年05月01日

販売管理システムは、企業間取引における、受注管理、売上管理、仕入管理、債権債務管理などを取り扱うシステムです。販売管理システムにより、商品と金銭の動きを適切に管理することができます。

pros

導入メリット

販売管理業務が自動化、標準化される

販売管理は財務会計の一環であり、法的な取り決めに基づく正確な処理が求められます。一方、販売管理は、複数の部門の関与と関係者間の物理的距離の問題から、ヒューマンエラーや連携ミスが発生しやすい業務です。販売管理システムを導入することで、業務プロセスがシステムに従って自動的に実行されるようになり、作業の自動化と標準化が促進されます。これにより、法律を遵守しつつ、業務をより正確で効率的に遂行できるようになります。

リアルタイムで状況を把握できる

販売管理システムにより、データが一元化されてリアルタイムで売上、在庫などを把握することができます。顧客からの問合せに対して、正確な在庫や見積もりデータを即座に確認したり、売上や収益に応じた経営判断を迅速に行うことに繋がります。

売上、購買データを経営判断に活用できる

販売管理システムに蓄積されたデータを活用することにより、受注予測や販売予測を精度高く行うことが可能になります。これにより、より適切な生産計画を立案し、必要な在庫レベルを正確に把握することができるため、適切な在庫の確保につながります。

cons

導入注意点

導入難易度が非常に高い

販売管理システムの導入は、システムの規模が大きくなるほど難易度が増します。これは、販売管理業務が複数部門にまたがるため、各部門の業務内容を明らかにし、その優先順位を設定する必要があるからです。この優先順位の設定は、販売管理業務の全体最適化を目指す上で重要であり、そのためには販売管理に関する深い知識が求められます。また、システムが大規模になると、製品毎の対応機能が細分化し、これに対応するためにもシステムに関する専門知識が必要になります。加えて、複数の部門間で利害関係を調整するためには、高い折衝能力とリーダーシップが必要です。これらの条件を満たす専門人材を確保してからシステムの導入を進めるべきです。

将来を見越した導入が必要

販売管理システムは、多くの関係者が関与するシステムであり、初期費用も高いため、頻繁にシステムを入れ替えることは困難です。そのため、導入する際には、現時点だけでなく将来の運用がどのように変わるかも考慮に入れ、長期的に対応可能な製品を選ぶ必要があります。たとえば、オンプレミス型の場合は、将来的なサーバー容量の増加や老朽化への対策を予め検討することが重要です。また、クラウド版を選択する場合は、事業の拡大に伴うプランの移行が可能かどうかを事前に確認しておくべきです。

able

かんたんな質問に答えてぴったりの販売管理システムをチェック

eye

販売管理システムの選び方

販売管理システムを選ぶにあたり、以下のポイントを確認することで、自社に合ったものを選べます。

1

特定の業種、販売形態向けの販売管理システムを選ぶ

販売管理システムには、特定の業種や販売形態に特化して設計された製品が存在します。以下の業種に該当する場合、それぞれのニーズに適したシステムを選定することをおすすめです。また、ECサイトを管理の主体とするビジネスモデルであれば、EC販売に特化した受注管理システム(OMS)の選択も検討しましょう。

・レンタル業、リース業

・飲食業(ケータリングサービスを提供する宿泊業も含む)

・出版業

・製造業

・小売業、卸売業

・ECサイト運営

2

販売管理システムでカバーしたい業務で選ぶ

販売管理業務は、多岐にわたるため、販売管理業務全体をカバーする製品と一部をカバーする製品があります。以下の業務の中から、対応したい業務を決めて、製品ごとの対応状況は販売管理システム診断でチェックしましょう。

・販売見積

・受注管理

・出荷、納品管理

・請求管理

・売上管理

・売上分析

・契約管理

・販売計画

・仕入れ管理

3

販売単価管理方法から選ぶ

販売単価には、数量に基づく数量単価と製品やサービスごとに一定の固定単価の他に、以下のような単価設定方法があります。

・期間単価設定

期間単価設定は、一定期間に提供される商品やサービスに適用される価格設定です。時間依存型のサービスや商品、例えばサブスクリプションサービスやレンタル商品などに最適です。

・重量単価設定

重量単価設定は、商品の重量に基づいて価格を設定します。農産物、鉱物、化学製品、食品(肉、魚、穀物)や建材など、重量で取引される商品の価格決定に使用されます。

・取引先別単価設定

取引先ごとに特定の単価を設定する方法です。長期的な取引がある得意先や、発注量に基づいて価格を調整する場合に有効です。

4

設定できる品目の付帯情報で選ぶ

販売管理システムでは、製品によって設定可能な品目の付帯情報が異なります。品目の付帯情報は、基本的な概要や価格に加えて製品の特性などを理解するための情報です。以下は、一般的な品目付帯情報の例です。販売管理システムを選ぶ際は、これらの情報に対応しているかどうかを診断してみましょう。

・品目属性

・重量

・販売単位

・不定貫管理

・ロット管理

・荷姿管理

・SKU管理

・アレルゲン情報管理

5

在庫管理で必要な情報で選ぶ

販売管理システムの中には、在庫管理機能に対応した製品があり、以下のような在庫管理情報を記録できる機能を持っています。製品選定の際には、自社が必要とする在庫管理情報を明確にし、それをサポートする製品を選ぶことが重要です。

・トレーサビリティ管理

・使用期限、有効期限管理

・賞味期限管理

・委託在庫、受託在庫の管理

6

対応できる請求管理業務で選ぶ

販売管理システムでの請求管理機能は製品によってカバー範囲が異なります。具体的には、以下の3つの業務カテゴリに分けられます。

・請求書作成

・回収予定管理

・入金消込み

able

かんたんな質問に答えてぴったりの販売管理システムをチェック

販売管理システム診断で比較表を作成!おすすめや選び方も解説に関連するカテゴリ