FitGap

名刺管理ソフトとは?

更新:2024年03月15日

監修

ITコンサルタント

堀口健二

名刺管理ソフトは、名刺をデータ化し、名刺の管理を効率的に行うためのソフトです。名刺管理ソフトは、OCR技術を使用して紙の名刺をデータ化、保存、検索を可能にし、さらに社内外での共有も可能な機能を備えています。近年、一部の名刺管理ソフトはSFAやCRMといった顧客管理システムと連携し、交換した名刺の情報を営業やマーケティング部門にスムーズに共有できる機能を提供しています。他にも、ビジネス向けSNSを統合した名刺管理ソフトもあり、SNS上で顧客と接点を持ち、名刺交換を完結できる製品もあります。また、連絡先管理ツールとしての利用や、簡易的なCRM機能を備えている製品もあります。

pros

導入メリット

効率的な情報検索と整理

名刺管理ソフトの導入により、紙の名刺をOCR技術でデータ化して一元管理することで、情報の検索や登録作業が効率化します。そのため、過去に交換した取引先の情報を見たり、他の担当者が交換した名刺を最新化することができます。名刺に関するわずらわしい作業や、必要な情報にアクセスする時間が短縮されます。

マルチデバイス

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からも名刺管理ソフトにアクセスできるため、外出先でも名刺情報の閲覧や登録が可能です。これにより、営業先への迅速な対応が可能になります。

cons

導入注意点

名刺のデータ化精度

名刺管理ソフトのデータ化機能は、OCR技術を用いてスキャンした名刺の文字を読み取る方法が一般的ですが、データ化の精度が不正確になる製品があります。データ化の精度が不正確だと、二重チェックによる工数増加や顧客の情報を間違った状態で連絡するなどの問題が起こる可能性があります。OCRの精度が99%以上のものや、人力によるデータチェックをアウトソーシングできる製品もあるため、データ化の精度を懸念する場合はこれらの製品を検討しましょう。

情報の取り扱い

名刺情報は取引先の重要な情報で漏洩は信用を失う重大なリスクになります。そのため、運営会社のセキュリティ要件を確認し、導入前に社内で名刺データの取り扱いルールを定めておく必要があります。また、サービスの終了や乗り替え時における名刺情報のデータ引継ぎ、および引継ぎ後の取り扱いについても、導入決定前に事前に協議しておくことが重要です。

able

かんたんな質問に答えてぴったりの名刺管理ソフトをチェック

eye

名刺管理ソフトの選び方

名刺管理ソフトを選ぶにあたり、以下のポイントを確認することで、自社に合ったものを選べます。

1

利用目的から選ぶ

名刺管理ソフトは、個人利用向けとチームや複数人利用向けの製品に大別できます。

個人利用向けの製品は、名刺のファイリングに特化したタイプの製品と、ビジネス向けのSNSを備えたタイプの製品があります。前者は名刺ファイルを電子化する用途に適しており、後者は名刺を利用して人脈を広げたり、転職活動する用途に適しています。

複数人利用向けの製品は、主に名刺ファイリングを目的としていますが、使用目的に応じた、SFAやCRMとの連携、スマートフォンの着信情報と名刺データの連動など、他カテゴリとの製品との連携機能を備えています。

2

名刺の電子化方法

名刺の電子化方法には、スマートフォンのカメラで取り込んで電子化する方法と専用のスキャナーで取り込んで電子化する方法があります。スマートフォンで取り込むタイプは外出先など、場所を選ばずに名刺を電子化できるメリットがあります。一方、専用スキャナーで取り込むタイプは、専用スキャナがあるオフィスなどにスキャンできる場所が限られますが、スマートフォンで取り込むタイプに比べてスキャンの精度や速度に優れる傾向にあります。営業担当者の外出頻度や、電子化したい名刺の枚数などに応じて自社に適した方法を選択しましょう。

3

名刺情報と紐付けられるやりとり

一部の名刺管理ソフトでは、名刺情報と顧客とのやりとりを記録することができます。名刺管理ソフトを簡易的な顧客管理システムとして利用したい企業におすすめです。記録できるやりとりは以下です。

・コンタクト履歴

名刺情報に紐づけてメールや電話などの履歴が閲覧できます。

・商談、報告内容

名刺情報に紐づけて商談内容などをテキストで登録し、閲覧できます。日報や議事録などの用途にも利用できます。

・スケジュール登録

名刺情報に紐づけてスケジュールを登録できます。打ち合わせ、納期などの日程を確認できます。

4

外部データベースの利用

名刺管理ソフトの中には、外部のデータベースを利用できる製品があります。例えば、企業データベースと連携して、名刺交換した相手の企業の詳細を調べる事ができる製品があります。他にも、リスクデータベースと連携し、反社会的勢力のチェックや違法行為、コンプライアンス違反などのリスクを調査できる製品もあります。名刺管理ソフトの中で、企業情報の収集やリスク調査などを完結させたい場合はおすすめです。

5

他カテゴリとの連携

名刺管理ソフトは、MAツール、SFAやCRM、請求書発行システムなどのカテゴリと相性が良いため、これらのカテゴリと連携できる製品があります。これにより、名刺交換した相手をリードとして登録したり、請求書の発行時に名刺情報を参照したデータ入力を行うことで、データ入力の手間やミスを削減できます。

able

かんたんな質問に答えてぴったりの名刺管理ソフトをチェック

名刺管理ソフトに関連するカテゴリ

名刺管理ソフトに関連するページ

監修者プロフィール

profile

堀口健二

ITコンサルタント

株式会社CanalSquareにてITコンサルタントとして従事。大手企業向けERPベンダー会社にて約10年、 HCM・AC・SCM システムの導入・運用保守を経験後、コンサルティング部門統括として組織運営。その後、HR BPO事業関係会社にて、経営企画・営業執行役員として2年間従事し、本社帰任。製品開発部門責任者 として、新規製品の企画開発に従事。