FitGap
トヨクモ安否確認サービス2

トヨクモ安否確認サービス2

公式サイト

安否確認システム

強み

他製品との連携

運営会社

英語対応

注意点

導入サポート

GPSとの連携

管理者機能

トヨクモ安否確認サービス2とは

トヨクモ安否確認サービス2は、トヨクモ株式会社が提供する安否確認システムです。主な機能には、メールや専用アプリによる安否確認、回答の自動集計、連携している人事システムとの従業員情報の自動同期などがあります。これにより、企業や組織は災害時に迅速かつ効率的に従業員の安全を確認し、必要な対応を行うことができます。トヨクモ株式会社は、トヨクモ安否確認サービス2の他にも、帳票作成ツール「プリントクリエイター」、カレンダー・日程調整ツール「トヨクモ スケジューラー」など、多様なビジネスソフトを提供しています。

pros

強み

他製品との連携

本製品はAPI連携が可能で、エンタープライズ版では人事システムと連携して従業員データを登録することが可能です。また、smartHR、freee人事労務、サイボウズとは開発無しで人事データの連携可能が可能です。

運営会社

本製品を提供するトヨクモ株式会社はサイボウズ株式会社の100%子会社として2010年に設立された企業で2020年に東京証券取引所 マザーズ市場に上場し、現在は東京証券取引所 グロース市場に上場しています。

英語対応

エンタープライズプランでは英語での表記機能が提供されています。日本語が話せない方が多く所属する企業でも利用可能です。

cons

注意点

導入サポート

本製品はサポートポータルにて詳細なマニュアルを提供していますが、設定代行サービスなどの導入に関する作業を代行するサービスを提供していません。自社で初期設定を行う必要があります。セットアップ作業などでサポートが必要な場合は電話やメールでサポートを受けることが可能です。

GPSとの連携

一部の安否確認システムには安否確認メッセージを返信する際に端末のGPS情報を添付できる機能があります。本製品にはその機能は不足しています。被害が甚大な場所にいる従業員の人数や安否を把握したい場合は不向きな製品です。

管理者機能

一般ユーザー向けの機能はPC、スマートフォン、携帯電話のどれでも利用できます。しかし、管理者向けの機能はPCのみでしか利用できません。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

安否確認システム

2.16%

46サービス中

12

利用者の業種

  • 製造 25%
  • その他の業種 17%
  • IT、インターネット 14%
  • 建設、不動産 12%
  • 卸売、小売 10%

利用者の事業規模

  • 中規模 50%
  • 大規模 36%
  • 小規模 14%

連携

統合パートナー

提供ベンダー間ですでに連携されており、ユーザーは簡易な設定のみで連携して使用することが可能です。

API(Application Programming Interface)提供あり

異なるソフトウェアが互いに通信し、情報を交換するための規則や手順のセットが公開されています。APIを使用するには利用するソフトウェアがお互いにAPIが公開されていること、簡易なシステム開発または間を取り持つソフトウェアの導入が必要になります。

サービス基本情報

リリース : 2019

https://anpi.toyokumo.co.jp/公式
https://anpi.toyokumo.co.jp/

運営会社基本情報

会社 : トヨクモ株式会社

本社所在地 : 東京都品川区

会社設立 : 2010

セキュリティ認証 : ISO/IEC 27001

ウェブサイト : https://toyokumo.co.jp/

トヨクモ株式会社運営サービス一覧

編集

profile

遠藤慎

SaaSアナリスト

SaaSアナリスト。筑波大学大学院卒業後、株式会社PIGNUSに入社。FitGapでは製品の強み注意点などのレポートを担当。