FitGap
Skype

Skype

公式サイト

無料トライアル

Web会議システム

強み

知名度が高いサービス

無料通話機能

ダウンロード不要

注意点

Skype for Businessサービス終了

緊急通話としては利用できない

Skypeとは

日本マイクロソフト株式会社が提供するWeb会議システムです。世界中の人々とのビデオ通話を無料で提供し、ビジネスや個人用途に幅広く利用されています。主な機能には、高品質なビデオ通話、メッセージング、ファイル共有、リアルタイムの字幕表示があります。また、Skype番号を取得することで、別の国または地域の電話番号を持つことも可能です。日本マイクロソフト株式会社は、Skypeの他にも、Windows、Microsoft Officeシリーズ、Surfaceデバイスなど、多様なテクノロジー製品とサービスを提供しています。

pros

強み

知名度が高いサービス

2003年8月にサービスが開始され、無料で国を跨いだ通話、音声電話が可能なサービスとして世界中の人々に利用されてきた知名度の高いサービスです。インターネット回線を利用して無料通話ができるサービスの先行者で、現在も月間3億人程度の利用者がいます。

無料通話機能

Skypeユーザー同士で国境を越えて無料通話ができる点が最大の特長です。Skypeユーザーであれば無料で電話をかけることができます。また、Microsoft 365の一部プランには月60分の固定電話への無料通話機能があり、Skypeユーザーだけでなく固定電話を持つユーザーと通話することができます。

ダウンロード不要

専用アプリからの利用だけでなく、ブラウザからでもサービスの利用が可能な、PCに詳しくない方でも扱いやすいサービスです。MicrosoftアカウントさえあればPCを選ばずに利用が可能です。また、ログイン不要でブラウザから利用できるため、ITリテラシーが低い方でも開始しやすいサービスです。

cons

注意点

Skype for Businessサービス終了

企業向けのWeb会議システムとして提供されていたSkype for Businessはサービスを終了しており、企業向けのシステムとしては向いていません。Skypeを現在運営しているMicrosoftは、企業向けWeb会議システムとしてSkypeからMicrosoft Teamsへの移行を促しています。企業へWeb会議システムを導入する場合、第一候補には上がらないサービスです。

緊急通話としては利用できない

Skypeはインターネット回線を利用した通話サービスのため、緊急通話として利用することはできません。電話回線の完全な代替にはならないため注意が必要です。モバイル版でSkypeを利用して緊急通報を掛けた際は携帯電話の電話回線を利用して緊急通報が行われています。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

Web会議システム

1.46%

90サービス中

5

ビジネスチャット

3.68%

88サービス中

7

利用者の業種

  • 製造 30%
  • 官公庁 12%
  • 卸売、小売 9%
  • その他の業種 9%
  • 建設、不動産 9%

利用者の事業規模

  • 小規模 37%
  • 大規模 37%
  • 中規模 26%

連携

統合パートナー

提供ベンダー間ですでに連携されており、ユーザーは簡易な設定のみで連携して使用することが可能です。

API(Application Programming Interface)提供あり

異なるソフトウェアが互いに通信し、情報を交換するための規則や手順のセットが公開されています。APIを使用するには利用するソフトウェアがお互いにAPIが公開されていること、簡易なシステム開発または間を取り持つソフトウェアの導入が必要になります。

サービス基本情報

リリース : 2004

https://www.skype.com/ja/公式
https://www.skype.com/ja/

運営会社基本情報

会社 : 日本マイクロソフト株式会社

本社所在地 : 東京都港区

会社設立 : 1986

セキュリティ認証 : ISO/IEC 27001

ウェブサイト : https://www.microsoft.com/ja-jp/

日本マイクロソフト株式会社運営サービス一覧