FitGap
Microsoft 365

Microsoft 365

公式サイト

オフィススイート

Microsoft 365の強み概要
強み

エコシステム

世界的に高いシェアを持つ

企業規模、場所によらず利用可能

Microsoft 365の注意点概要
注意点

リアルタイム処理

社内ポータルなどの日本特有の機能を持たない

ベンダーロックイン

Microsoft 365とは

Microsoft 365は、Microsoftが提供するビジネスアプリとコラボレーションツールのサブスクリプションサービスです。Word、Excel、PowerPointなどのオフィスアプリに加え、OneDriveやMicrosoft Teamsといったクラウドベースのサービスが含まれています。これにより、個人や組織は、どこからでもアクセス可能な環境で文書作成、データ管理、チームコラボレーションを行うことができます。

pros

強み

エコシステム

Microsoft社製品を中心とした世界的な市場が形成されています。Microsoft社が運営する製品だけでも、オフィススイート、バックオフィスソフト、フロントオフィスソフト、PaaS、IaaS、AIなど多岐に渡ります。Microsoft社外にもMicrosoft社製品とシステム連携できる製品群があります。また販売や導入をサポートするパートナー、代理店、コンサルタントなどが多数存在します。

世界的に高いシェアを持つ

オフィススイート市場においてパイオニア的存在であり、高いシェアを誇ります。利用者の社内的なニーズもさることながら、取引先との連携上、本製品以外が選べないこともあります。

企業規模、場所によらず利用可能

すべての地域のすべての企業規模に対応しています。競合製品の「Google Workplace」は中国市場から撤退しましたが、本製品は中国でも使えます。セキュリティに対して膨大な投資をしており、世界トップクラスのセキュリティ水準を誇ります。

cons

注意点

リアルタイム処理

複数人での同時編集の快適さ、検索性などのリアルタイムな情報のやりとりは、競合製品の「Google Workspace」に劣ります。

社内ポータルなどの日本特有の機能を持たない

日本企業特有の要求に対応していない、または要求水準に満たないことがあります。具体的には、ワークフロー、社内ポータルなどの機能です。それらの機能が必要な場合は、別途他社製品を導入して補う必要があります。またアフターサービスが競合の日本勢に比べて最低限に留まります。

ベンダーロックイン

幅広い業務をMicrosoft社製品およびその関連製品でまかなうことができる反面、依存度が高くなり、他社への乗り換えコストが高くなります。また、マイクロソフトのアップデート、障害などの影響を強く受けてしまい、業務に支障をきたすこともあります。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

Microsoft 365オフィススイートマーケットシェア

65.68%

16サービス中

1

Microsoft 365グループウェアマーケットシェア

24.95%

113サービス中

1

Microsoft 365利用者の業種内訳

  • 製造 28%
  • IT、インターネット 28%
  • その他の業種 6%
  • 卸売、小売 6%
  • 情報通信 5%

Microsoft 365利用者の事業規模の内訳

  • 大規模 58%
  • 中規模 27%
  • 小規模 15%

連携

統合パートナー

提供ベンダー間ですでに連携されており、ユーザーは簡易な設定のみで連携して使用することが可能です。

ジョブカン採用管理
Styleflow
Cisco Jabber
J-MOTTO
Content Hub
Garoon
ジョルテ
Adobe Acrobat
ArielAirOne Portal
Mazrica Sales
Acrobat Sign
ドキュサイン
ATOM
Zoho CRM
System Support best1
box
Zendesk Suite
HRMOS採用 新卒版
ジョーシス
Streamline
intra-mart Accel Platform
Flow
formstack
List Finder
MAJOR FLOW Z FORM
MAJOR FLOW Z TIME
PHONE APPLI PEOPLE for Salesforce
Zoho Books
勘定奉行J
給与奉行J
Gluegent Flow
INSUITE
OBIC7 給与情報システム
Popeye