FitGap
Adobe Acrobat

Adobe Acrobat

公式サイト

無料プラン

無料トライアル

PDF編集ソフト

Adobe Acrobatの強み概要
強み

世界トップシェア

シリーズ製品とセットで利用可能

PDFファイルの高度編集機能

Adobe Acrobatの注意点概要
注意点

他社製品と比較して高価

買い切り版は提供されていない

オーバースペック

Adobe Acrobatとは

アドビ株式会社が提供するPDF編集ソフトです。クラウドとインストールの両方の形態で提供されており、PDFのページ修正、テキストや画像の修正、PDFファイルへの署名追加などの機能を持っています。PDFというファイル形式はAdobeによって開発されたもので本製品は他のPDF編集ソフトと比較してもより高度な機能を持っています。アドビ株式会社は、Adobe Acrobatの他にも電子契約システムのAcrobat Signや画像編集ソフトのAdobe Illustratorなど、様々なカテゴリの製品を提供しています。

pros

強み

世界トップシェア

PDF編集ソフトとして世界トップシェアです。機能開発、外部連携、セキュリティなど、製品に対する投資額で他を圧倒しています。

シリーズ製品とセットで利用可能

サブスクでの提供がメイン。Creative Cloudを契約することで、画像編集ソフト、デザインソフトなどとセットで利用できる。それらのソフトと連携がスムーズにできる。

PDFファイルの高度編集機能

内容の直接編集(文字や画像の追加、削除、書き換えなど)、電子署名、OCR(画像になっている文字をテキストデータに変換する機能)といった、高度な編集に対応しています。

cons

注意点

他社製品と比較して高価

他社製品より高価です。デスクトップ版とサブスクリプション版があります。デスクトップ版が1ライセンス約9万5千円。サブスクリプション版が、毎月約2700円〜3300円(年間契約だと約18000円〜23000円)

買い切り版は提供されていない

サブスクリプションがメインで提供されています。毎月(もしくは毎年)コストが発生します。

オーバースペック

機能が多く、人によってはオーバースペックに感じる場合があります。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

Adobe AcrobatPDF編集ソフトマーケットシェア

54.45%

24サービス中

1

Adobe Acrobat利用者の業種内訳

  • 製造 28%
  • IT、インターネット 11%
  • 建設、不動産 9%
  • その他の業種 8%
  • 卸売、小売 7%

Adobe Acrobat利用者の事業規模の内訳

  • 大規模 42%
  • 小規模 31%
  • 中規模 27%

Adobe AcrobatOCRソフトマーケットシェア

0.82%

50サービス中

29

Adobe Acrobat利用者の業種内訳

  • 広告、芸術 16%
  • 製造 16%
  • 建設、不動産 16%
  • 官公庁 16%
  • 農業、林業、漁業 16%

Adobe Acrobat利用者の事業規模の内訳

  • 小規模 83%
  • 大規模 17%
  • 中規模 0%

連携

統合パートナー

提供ベンダー間ですでに連携されており、ユーザーは簡易な設定のみで連携して使用することが可能です。