FitGap

入退室管理システムとは?

更新:2024年03月08日

pros

導入メリット

人件費、管理コストの削減

入退室管理システムの中には、ホテルやレンタルスペースなどのチェックインなどを自動化することができる製品があり、それらに必要な人件費や管理コストなどを削減することができます。

勤務状況を正確に把握

入退室管理システムは、従業員の入退室のログと勤怠を照合することで勤務状況を正確に把握できます。入退室の記録と勤怠に乖離などから、不正な勤怠を検知することができ、勤務状況をの正確な把握に繋がります。

セキュリティ強化

入退室管理システムは、関係者以外の侵入を防止することができます。また、物理鍵のかわりに顔認証などのデジタル認証などの鍵がかかるため、鍵を複製するコストや鍵の紛失リスクを下げることができます。特に生体認証の場合、パスワードなどに比べて盗用やなりすましが難しくなります。往来が激しい部屋や、離職が多い環境でも管理コストや、セキュリティリスクを抑えることができます。

cons

導入注意点

システムトラブル

通信障害、端末の故障や不具合、電池切れなどで、来客対応が滞ったり、入りたい部屋に入れないといったトラブルになる可能性があります。入退室管理システムが稼働しないときの対処法や防止策は事前に検討した上で導入すべきです。

able

かんたんな質問に答えてぴったりの入退室管理システムをチェック

eye

入退室管理システムの選び方

入退室管理システムを選ぶにあたり、以下のポイントを確認することで、自社に合ったものを選べます。

1

管理対象で選ぶ

入退室管理システムは以下の用途に大別されます。用途ごとに適したシステムは異なるため、導入目的を事前に整理しましょう。

・従業員の入退室管理向け

・宿泊施設、レンタルスペースの利用者向け

・分譲、戸建てなどの住宅向け

2

認証、解錠方法で選ぶ

入退室管理システムは、主に以下の認証、解錠方法があり、製品ごとに対応している認証方法が異なるため、必要な認証方法を事前に整理しましょう。

・ICカード

・暗証番号

・スマホアプリ

・指紋認証

・顔認証

・虹彩認証

・指静脈認証

・声紋認証

3

勤怠管理システム連携で選ぶ

入退室管理システムの中には、勤怠管理システムと連携して、入退室の時間を始業時刻と終業時刻に設定できる製品があります。不正な勤怠申請の防止や労働時間の超過などによる労災などを防ぐことができます。

4

初期コストと耐用年数で選ぶ

入退室管理システムのドアに設置する鍵には、手軽に後付できるが耐用年数が短い簡易のタイプと取付工事が必要だが耐用年数が長いタイプの鍵があります。前者は所有者が自社でない賃貸のオフィス、短期利用を考えている場合などにおすすめです。後者は自社の施設などで、取付工事が許されて、長期利用を考えている場合などにおすすめです。

able

かんたんな質問に答えてぴったりの入退室管理システムをチェック

入退室管理システムに関連するカテゴリ