FitGap
電子印鑑GMOサイン

電子印鑑GMOサイン

公式サイト

無料プラン

無料トライアル

電子契約システム

電子印鑑GMOサインの強み概要
強み

立会人型署名、当事者型署名の両方に対応

運営会社が多数の電子認証事業を提供

運営会社が注力している製品

電子印鑑GMOサインの注意点概要
注意点

競合が多い製品

契約ライフサイクル管理機能の不足

対応言語数は少なめ

電子印鑑GMOサインとは

電子印鑑GMOサインは、GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社が提供する電子契約システムです。立会人型と当事者型の2つの形式の電子契約方法を使い分けることができる点が特長です。契約書の作成から締結済みの契約書の保管までの一連の機能を提供しているほか、フォルダごとの閲覧制限の設定など内部統制機能も備わっています。フリープランもあり、全国で300万社以上で導入されている製品です。GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社は電子認証・印鑑事業の他にクラウドインフラ事業やDX事業を展開しています。

pros

強み

立会人型署名、当事者型署名の両方に対応

社名にもある「GlobalSign」は1996年にベルギーで設立された電子認証局で、2007年にGMOグループに買収されました。自ら電子認証局を運営しているのもあってか、立会人型署名、当事者型署名の両方を提供しています。利用者は必要に応じてどちらかを選ぶことができます。

運営会社が多数の電子認証事業を提供

運営会社は以前から、電子署名、電子認証局、暗号化通信、SSO、電子決済など、電子契約に関する基本技術を保有し、外部向けに提供していました。それらを電子契約ソフトとして応用したのが同製品といえます。

運営会社が注力している製品

ITコングロマリットのGMOインターネットグループには数多くの事業が存在します。新型コロナウイルス感染症が流行り始めた2020年以降、グループ内での同製品への注力度を上げて経営資源を投下しました。開発人員の増員、無償化戦略なども奏功し、シェアを急拡大してトップ争いに浮上しました。

cons

注意点

競合が多い製品

電子契約の領域における尖った立ち位置はありません。2020年以降に同製品への注力度を高めているという事実はありますが、あくまで総合的に企業向けITサービスまたは電子認証サービスを提供する運営会社における一製品です。

契約ライフサイクル管理機能の不足

大企業のコア業務を自動化するには不十分な面があります。同製品が強みを持つのは契約締結です。複数部署を横断した、大量反復的な一連の業務を扱うには、より広いカバレッジが求められます。

対応言語数は少なめ

海外での知名度が低く、多言語対応は海外製品には及びません。そのため、海外で十分に使えるとは言えません。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

電子印鑑GMOサイン電子契約システムマーケットシェア

5.44%

58サービス中

5

連携

統合パートナー

提供ベンダー間ですでに連携されており、ユーザーは簡易な設定のみで連携して使用することが可能です。

ジョブカン労務HR
Styleflow
コラボフロー
kintone
ジョブカン採用管理
Salesforce
Microsoft Power Automate
box
LegalForce
LegalForceキャビネ
AgileWorks
X-point Cloud
ActRecipe
ダンドリワーク
Hubble
いい生活賃貸クラウド 営業支援
業務デザイナー
Tradeshift
いえらぶCLOUD
moconavi
Findワークフロー
Ofigo契約書管理Fácil
HUEワークフロー
ASTERIA Warp
MyQuick
freee支出管理 受取請求書
マネーフォワード Admina
ジョーシス
HULFT Square
GMOトラスト・ログイン
Google Workspace
サテライトオフィス Lark Suite
ネクストセット・勤怠管理/タイムカード
Extic
LOCKED MSO