FitGap
弥生会計

弥生会計

公式サイト

無料トライアル

会計ソフト

強み

小規模利用向け

他サービス連携

成長期待

注意点

中堅企業以上

多言語対応

対応OS

pros

強み

小規模利用向け

本製品は100名までの事務所に最適な設計となっており、中小企業におけるコストパフォーマンスのバランスが取れています。大企業には向かないため、小規模事業者に特化した製品といえます。また、株式会社MM総研が発表した「クラウド会計ソフトの利用状況調査(2023年3月末)」において、個人事業主のクラウド会計ソフト市場における利用シェアが52.8%で第一位を取っています。

他サービス連携

本製品は同じ弥生シリーズの製品とデータ連携が可能です。加えて、他社が提供している経費精算システムや販売管理システムやPOSシステムとデータ連携や金融機関の口座連携も可能です。MisocaAPIを利用してその他の製品とデータ連携をすることもできます。

成長期待

運営会社は2022年3月にオリックスから米国の投資会社に株式譲渡され、今後の成長投資による機能の充実が期待されています。新しい資本と連携により、更なるサービスの拡充や機能強化が進展すると見られます。

cons

注意点

中堅企業以上

本製品は中小企業や個人事業主向けの製品であり、中堅、大企業での利用には向いていません。IFRS(国際会計基準)に非対応など、規模が大きい企業で必要な機能が一部不足しています。

多言語対応

対応言語は日本語のみのため、多国籍の従業員が多く在籍する企業での利用は不向きです。小規模利用可能な製品で多言語に対応している製品も存在します。

対応OS

インストール版の弥生会計はMacOSに非対応です。MacOSで利用する場合はクラウド版を利用する必要があります。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

会計ソフト

17.08%

111サービス中

1

利用者の業種

  • 建設、不動産 17%
  • その他の業種 15%
  • 卸売、小売 13%
  • IT、インターネット 12%
  • 製造 11%

利用者の事業規模

  • 小規模 79%
  • 中規模 15%
  • 大規模 6%

連携

統合パートナー

提供ベンダー間ですでに連携されており、ユーザーは簡易な設定のみで連携して使用することが可能です。

API(Application Programming Interface)提供あり

異なるソフトウェアが互いに通信し、情報を交換するための規則や手順のセットが公開されています。APIを使用するには利用するソフトウェアがお互いにAPIが公開されていること、簡易なシステム開発または間を取り持つソフトウェアの導入が必要になります。

サービス基本情報

リリース : 2021

https://www.yayoi-kk.co.jp/kaikei/yayoikaikei/公式
https://www.yayoi-kk.co.jp/kaikei/yayoikaikei/

運営会社基本情報

会社 : 弥生株式会社

本社所在地 : 東京都千代田区

会社設立 : 1978

セキュリティ認証 : プライバシーマーク

ウェブサイト : https://www.yayoi-kk.co.jp/company/

弥生株式会社運営サービス一覧