FitGap
マネーフォワード クラウド会計Plus

マネーフォワード クラウド会計Plus

公式サイト

会計ソフト

マネーフォワード クラウド会計Plusの強み概要
強み

中堅・上場企業向け

シリーズ

運営会社

マネーフォワード クラウド会計Plusの注意点概要
注意点

ベンダーロックの懸念

多言語対応

IFRS対応

マネーフォワード クラウド会計Plusとは

マネーフォワード クラウド会計Plusは、株式会社マネーフォワードが提供する中堅、上場企業向けの会計ソフトです。主な機能としてマネーフォワード会計の基本的な機能に加え、権限管理や仕訳ログの管理機能などが追加されている製品です。株式会社マネーフォワードは、マネーフォワード クラウド会計の他にも採用管理や勤怠管理、請求書管理、固定資産管理などバックオフィス業務の大部分をカバー可能な製品群を提供しています。マネーフォワード同士は相互に連携が可能で円滑な企業運営をサポートしています。

pros

強み

中堅・上場企業向け

本製品はマネーフォワード クラウド会計の機能に加え、権限管理・仕訳ログ管理機能やグループ企業管理機能を備えたことで、複数企業の管理や内部統制が必要な中堅企業以上でも使いやすくなっています。

シリーズ

バックオフィス業務を全てカバーできるように様々な製品がリリースされています。一般的な企業であればマネーフォワードで全てカバー可能です。

運営会社

本製品を提供する運営会社は情報セキュリティマネジメントシステムに関する国際規格であるISO27001を取得しています。これは情報セキュリティの管理基準が一定以上であることを示しています。加えて、SOC1 type2を受領しており、財務報告に係る内部統制の有効性が第三者によって保証されています。

cons

注意点

ベンダーロックの懸念

運営会社が提供している製品群同士を連携することでよりバックオフィス業務が効率化されます。しかし、バックオフィス業務を1つのシリーズ製品に依存すると製品を乗り換える際のコストが高まる可能性があります。

多言語対応

本製品は日本語表記のみに対応しています。海外支社での利用や多国籍の方が多くいるオフィスでは利用が難しいです。

IFRS対応

本製品は上場企業でも利用可能な製品ですが、IFRS(国際会計基準)へは対応していません。国際的な事業展開をしている場合や海外の法人と財務状況を比較する可能性がある場合不向きな製品となります。

カテゴリ別マーケットシェア

2023年3月 FitGap調査

マネーフォワード クラウド会計Plus会計ソフトマーケットシェア

2.56%

111サービス中

11

マネーフォワード クラウド会計Plus利用者の業種内訳

  • IT、インターネット 19%
  • 製造 18%
  • その他の業種 13%
  • 生活関連サービス、娯楽 9%
  • 卸売、小売 9%

マネーフォワード クラウド会計Plus利用者の事業規模の内訳

  • 小規模 52%
  • 中規模 29%
  • 大規模 19%

連携

統合パートナー

提供ベンダー間ですでに連携されており、ユーザーは簡易な設定のみで連携して使用することが可能です。

アラジンオフィス 鐵王
マネーフォワード クラウド経費
BtoBプラットフォーム 受発注
Airレジ
NECモバイルPOS
POS+
Square
スマレジ
ユビレジ
Streamed
マネーフォワード クラウド請求書plus
マネーフォワード Admina
マネーフォワード クラウド固定資産
マネーフォワード クラウド個別原価

API(Application Programming Interface)提供あり

異なるソフトウェアが互いに通信し、情報を交換するための規則や手順のセットが公開されています。APIを使用するには利用するソフトウェアがお互いにAPIが公開されていること、簡易なシステム開発または間を取り持つソフトウェアの導入が必要になります。

サービス基本情報

リリース : 2020

https://biz.moneyforward.com/accounting_plus/公式
https://biz.moneyforward.com/accounting_plus/

運営会社基本情報

会社 : 株式会社マネーフォワード

本社所在地 : 東京都港区

会社設立 : 2012

セキュリティ認証 : ISO/IEC 27001、プライバシーマーク

ウェブサイト : https://corp.moneyforward.com/

株式会社マネーフォワード運営サービス一覧